biglobe wimax w04

安いねっと言いたい日々

安いインターネットサービス情報をご紹介します。

BIGLOBE WiMAX 2+でSpeed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)の取り扱いが開始

 

BIGLOBE WiMAX 2+でSpeed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)の取り扱いが開始

下り最大通信速度440Mbpsの高速通信に対応するSpeed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)と、人口カバー率99%の広い通信エリアに対応するSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)
どちらのWiMAX端末を選べば良いのか、自分では選びきれない。
いっその事、両方の良いとこ取りをしたWiMAX端末があれば良いのに…。

そんな方の要望に対応したWiMAX端末が、BIGLOBE WiMAX 2+にラインナップしました。
WiMAX端末の機種名はSpeed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)で、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)の後継機に該当します。

Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)は、文字通りSpeed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)とSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)の良いとこ取りをしたようなWiMAX端末になります。
Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)の持つ機能とSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)の持つ機能の両方を搭載していて、下り最大通信速度440Mbpsの超高速通信に対応しつつ、人口カバー率99%の広い通信エリアにも対応しています。

Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)

ですから、現時点でWiMAX端末を選ぶのであれば、Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)やSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)を選ぶよりもSpeed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)を選んだ方が良い状態になっています。

そこで、Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)はどんなWiMAX端末なのかご紹介したいと思います。
また、Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)をBIGLOBE WiMAX 2+から申し込むメリットについてもご紹介したいと思いますので、参考にしてみて下さい。

↓BIGLOBE WiMAX 2+の詳細情報はこちら↓
矢印BIGLOBE WiMAX 2+

Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)をBIGLOBE WiMAX 2+から申し込むメリットとは?

Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)の特徴は?
Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)はスティックタイプのWiMAX端末

Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)と前のモデルとなるSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)を見比べた場合、真っ先に気になるのはその形状です。
従来のSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)はスマートフォンサイズのWiMAX端末ですが、後継機となるSpeed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)はスティック状になっています。

Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)とSpeed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)

サイズとしては1cm細身になって、その1cm分だけ縦長になりました。
この形状になった事で、Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)は片手での操作性が向上しました。
ですので、わざわざ両手で操作をせずとも、親指だけでもスイスイと操作をする事が出来ます

また、このサイズでしたらSpeed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)をポケットに入れていても余裕があります

Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)は超高速通信に対応

冒頭でご紹介したように、Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)はSpeed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)と同様に下り最大通信速度が440Mbps出ます。
その秘密は、4×4MIMO CAと言う技術にあります。

4x4MIMO CA

4×4MIMOとは、Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)に内蔵されている4本のアンテナとWiMAX基地局に設置されている4本のアンテナを利用し、複数の同時通信を行う技術の事を指します。
この技術を利用する事で、Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)の下り最大通信速度が2倍に高速化されます。

そして、CAとはキャリアアグリゲーションの事で、複数の通信帯域を束ねる技術の事を指します。
その結果、Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)の下り最大通信速度が更に2倍に高速化されます。

この4×4MIMOとキャリアアグリゲーションの両方の技術を利用する事によって、Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)の下り最大通信速度は440Mbps出るようになります。

ちなみに、Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)は上り通信にもSpeed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)と同様の機能が搭載されていて、通信速度が高速化されています。
利用されているのは64QAM変調方式キャリアアグリゲーションの2種類の技術になります。

上り回線のキャリアアグリゲーション

64QAM変調方式とは、1度の通信に6ビットの情報を伝送する通信方式になります。
4ビットの16QAM変調方式と比べると、1度の通信に送れる情報密度が高くなります
その結果、通信速度が高速化されるのです。

そして、キャリアアグリゲーションを利用する事で複数分の通信帯域を一度に束ねて利用する事が出来ます。
その結果、Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)の上り最大通信速度は30Mbpsに高速化されます。

Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)はハイスピードプラスエリアモードを搭載

Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)はHuawei製のWiMAX端末になります。
ですから、前のモデルとなるSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)と同様にハイスピードプラスエリアモードが搭載されています。

ハイスピードプラスエリアモードとは、人口カバー率99%と言う広い通信エリアに対応しているau 4G LTEを使って通信を行う通信モードになります。
また、au 4G LTEは800MHzと言う低周波数の帯域を利用して通信を行いますので、奥まった場所にも電波が到達しやすいと言う特徴を持っています。

低周波数は障害物に強い

つまり、Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)のハイスピードプラスエリアモードを利用する事で色々な場所から通信を行う事が出来るようになります。

また、Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)でハイスピードプラスエリアモードを設定時には、WiMAX 2+と4G LTE(2GHz)の通信帯域を束ねた3波キャリアアグリゲーションを利用する事も可能です。
3波キャリアアグリゲーションを利用した場合、下り最大通信速度は370Mbps出ます。

Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)のテザリング機能

Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)はIEEE802.11a/b/g/n/acのWi-Fi規格に対応しています。
ですから、2.4GHzと5GHzのWi-Fi設定を利用する事が出来ます。

Wi-Fiテザリング

2.4GHz
汎用性が高い通信帯域で、様々な機器が対応している。
5GHz
比較的新しい機器しか対応していないものの、電波干渉が起こり辛くて安定した通信を行える

通信性能としては、最新Wi-Fi規格のIEEE802.11ac(5GHz)を利用している時が高パフォーマンスになります。
ですから、基本的には5GHzを利用して、5GHzに非対応の古い機器を利用する場合に2.4GHzへと切り換えると良いです。

Wi-Fi設定

また、Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)はBluetoothテザリングにも対応しています。
こちらは何かと言うと、Wi-Fiテザリングほどの通信パフォーマンスはないものの、電力消費を抑えた状態で通信を行えるテザリング機能となります。

前述したように、Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)は4×4MIMO CAや3波キャリアアグリゲーション、キャリアアグリゲーションなどと言ったバッテリー消費が激しい機能を搭載しています。
それに対し、Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)のバッテリー容量はSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)よりも少ない2,750mAhとなっています。

バッテリー残量

だからこそ、Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)に新たに搭載されたBluetoothテザリングが重宝されるのです。

ただし、前述した通り、Bluetoothテザリングの通信パフォーマンスはWi-Fiテザリングに劣ります
それが大きく表れているのが、同時接続台数になります。

Bluetoothテザリング

Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)の同時接続台数
テザリング 同時接続台数
Wi-Fi 10台
Bluetooth 3台

ですので、同時接続台数が4台以上の場合には、Wi-Fiテザリングを利用するようにしましょう。

BIGLOBE WiMAX 2+の魅力とは?
BIGLOBE WiMAX 2+の月額大幅割引き特典

BIGLOBE WiMAX 2+でSpeed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)を申し込む際には、2種類のキャンペーン特典の中から1つを選ぶ形になります。

  • 月額大幅割引き特典
  • 2万円キャッシュバック特典

この中から、まずは月額大幅割引き特典についてご紹介します。

月額大幅割引き特典

BIGLOBE WiMAX 2+の月額大幅割引き特典を利用する場合、月額料金が大幅に割引きされます。
割引きが適用された後のBIGLOBE WiMAX 2+の月額料金は、以下の通りになります。

月額大幅割引き特典の月額料金
ご利用期間 Flat ツープラスプラン Flat ツープラス ギガ放題プラン
利用開始月 0円
1~2ヵ月目 1,910円 2,595円
3~11ヵ月目 2,995円 3,680円
12~24ヵ月目 3,195円 3,880円
25ヵ月目~ 3,695円 4,380円

そして更に、Flat ツープラス ギガ放題プランに申し込んだ方の場合には、13,000円ものキャッシュバックも貰えます。

キャッシュバックも貰える

ですから、キャッシュバックが貰える分を考慮すると、実は、2年間でのFlat ツープラスプランとFlat ツープラス ギガ放題プランの金額差はわずか3,440円しかありません。
そう考えると、たっぷりと通信を行えるFlat ツープラス ギガ放題プランの方を選んだ方が、お得感は大きいです。

BIGLOBE WiMAX 2+の2万円キャッシュバック特典

続いて、BIGLOBE WiMAX 2+の2万円キャッシュバック特典についてご紹介します。
BIGLOBE WiMAX 2+の2万円キャッシュバック特典を利用する場合、20,000円もの高額キャッシュバックが貰えます。

2万円キャッシュバック特典

ただ、2万円キャッシュバック特典は、月額大幅割引き特典のように月額料金が割引きされません
ですので、2万円キャッシュバック特典の月額料金は標準的なものになります。

月額大幅割引き特典の月額料金
ご利用期間 Flat ツープラスプラン Flat ツープラス ギガ放題プラン
利用開始月 0円
1~2ヵ月目 3,695円 3,695円
3ヵ月目~ 4,380円

ちなみに、2万円キャッシュバック特典を選んだ場合には、Flat ツープラスプランだろうがFlat ツープラス ギガ放題プランだろうが料金プランに関係なく、20,000円のキャッシュバックが貰えます

BIGLOBE WiMAX 2+はキャッシュバックが人気

ご紹介したように、月額大幅割引き特典と2万円キャッシュバック特典、どちらのキャンペーンにもキャッシュバックが付いて来ます
と言うのも、BIGLOBE WiMAX 2+のキャッシュバックは貰いそびれの起こり辛い仕組みのキャッシュバックだと、以前から評判なのです。

確実性の高いキャッシュバック

そんなBIGLOBE WiMAX 2+のキャッシュバックですから、どちらのキャンペーン特典にもキャッシュバックが用意されているのでしょう。

さて、そんなBIGLOBE WiMAX 2+からキャッシュバックを受け取る為の手続きですが、以下の手順で行います。

  1. キャンペーンサイトから申し込み手続きを行う。
  2. サービス利用開始1週間後、アンケートの回答方法が書かれた用紙が郵送されて来る。
  3. アンケートの回答期限までにマイページから回答を行う。
  4. サービス利用開始月を含めた13ヵ月目に、振替払出証書が郵送されて来る。
  5. 振替払出証書を郵便局かゆうちょ銀行で換金する。

このように、BIGLOBE WiMAX 2+のキャッシュバック手続きはアンケートの回答期限までにマイページから回答を行うと言う部分がポイントとなります。
そして、アンケートの回答方法が書かれた用紙が早い段階で郵送されて来ますので、キャッシュバック手続きを行わなければならないと言う記憶が残っているうちに、手続きを終える事が出来ます。

キャッシュバック手続きを済ませる

つまり、BIGLOBE WiMAX 2+のキャッシュバックを貰いそびれてしまうリスクは割と低めになります。

実際、キャッシュバック手続き開始月が遅く設定されている所ほど、キャッシュバック手続きのうっかり忘れが起こりやすくなっていると言う統計データも出ています。

キャッシュバック手続き開始月と手続きを行ったユーザーの割合
手続き開始月 手続きを行った割合
6ヵ月目 6割
8ヵ月目 4~5割
10ヵ月目 3割

そして、WiMAX取扱店で最も多いのが、申し込み手続きから11ヵ月目に入って、やっとキャッシュバック手続きを行う事が出来るようになるケースです。
そうなると、きちんとキャッシュバック手続きを行っているユーザーの割合は全体の3割未満と言った所でしょうか。

キャッシュバックの手続き忘れ

一方、BIGLOBE WiMAX 2+のキャッシュバックであれば、高額でありながら貰いそびれてしまうリスクは低いです。
だからこそ、BIGLOBE WiMAX 2+のキャッシュバックは評判なのです。

BIGLOBE WiMAX 2+ユーザーであれば、後からキャッシュバックと言う形でお金が戻って来ます
ですので、結果的に通信費を大きく抑える事が出来ます。

通信費が安くなる

その分だけ家計のやり繰りが楽になりますし、キャッシュバックが貰えなくなってイライラしてしまうような事もありません
そう考えると、Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)の申し込みはBIGLOBE WiMAX 2+から行った方が安心だと思いませんか?

↓BIGLOBE WiMAX 2+のキャンペーンサイトはこちら↓
矢印BIGLOBE WiMAX 2+

BIGLOBE WiMAX 2+の魅力は他にも!

BIGLOBE WiMAX 2+はWiMAX端末がお得に手に入る

BIGLOBE WiMAX 2+でSpeed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)を購入すると、WiMAX端末代は分割で月々の月額料金に上乗せされます。
金額にして、月額800円になります。

ですが、BIGLOBE WiMAX 2+のキャンペーン特典によって、月額800円の割引きが適用されます。
ですので、実は、BIGLOBE WiMAX 2+であればSpeed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)が実質無料で手に入ります。

WiMAX端末代が実質無料

また、BIGLOBE WiMAX 2+であればSpeed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)の送料も無料になります。
ですので、Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)を購入する際の負担なく、WiMAXサービスを利用開始する事が出来ます。

BIGLOBE WiMAX 2+はauスマートバリューmineに対応

ご紹介しているBIGLOBE WiMAX 2+ですが、auスマートバリューmineにも対応しています。
ですから、auユーザーの方であれば、auの月額料金が安くなります

auスマートバリューmine

auスマートバリューmineを申し込むには、まず、BIGLOBE WiMAX 2+の料金プランをauスマートバリューmineに対応している料金プランへ変更する必要があります。
auスマートバリューmineに対応しているBIGLOBE WiMAX 2+の料金プランは、以下の3種類となります。

  • 「BIGLOBE WiMAX 2+」Flat ツープラス auスマホ割(2年)
  • 「BIGLOBE WiMAX 2+」Flat ツープラス auスマホ割(4年)
  • 「BIGLOBE WiMAX 2+」Flat ツープラス ギガ放題 auスマホ割(2年)

続いて、auショップに出向くか、auお客さまセンターに電話を掛けて、auスマートバリューmineの申し込み手続きを行います。
すると、auの月額料金が500円から934円の間で割引きされます。

auのスマホ代が安くなる

それに加えて、月額1,005円のLTEオプション料が無料になるキャンペーン特典も適用されます。
ですから、Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)でハイスピードプラスエリアモードを利用する際には、料金面での不安がなくなります

BIGLOBE WiMAX 2+のキャンペーン期間に要注意!

ご紹介しているBIGLOBE WiMAX 2+のキャンペーン特典ですが、実は、キャンペーン期間が設定されています。
BIGLOBE WiMAX 2+の今回のキャンペーン期間は2017年2月1日から4月2日までとなっています。

キャンペーン期間

ですので、Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)をよりお得に手に入れたいとお考えの方は、キャンペーン期間内に申し込み手続きを行う事をお勧めします。
いざ申し込み手続きを行ったら、キャンペーン期間が過ぎていた…そうなってしまっては、非常に勿体ないです。

ですので、お早めの申し込み手続きをお勧めします。

↓BIGLOBE WiMAX 2+の申し込み手続きはこちら↓
矢印BIGLOBE WiMAX 2+

 

タグ :   

モバイルルーター   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。