dti wimax キャッシュバック

安いねっと言いたい日々

安いインターネットサービス情報をご紹介します。

ショック!実はDTI WiMAX 2+のキャッシュバックの方がお得なの?

 

ショック!実はDTI WiMAX 2+のキャッシュバックの方がお得なの?

DTI WiMAX 2+で実施中のキャッシュバックキャンペーンって、どんな魅力があるの?
DTI WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンの特徴は?」

WiMAXサービスは、色々な取扱店が存在します。
そして、それぞれのWiMAX取扱店ごとに独自のキャンペーンを実施していて、お得感が異なります

特にお得感の違いが出て来るのがキャッシュバックキャンペーンで、それぞれのWiMAX取扱店でキャッシュバック額は異なって来ます
ですから、業界最高額の現金キャッシュバックキャンペーンを行っているWiMAX取扱店で申し込み手続きを行う事で、お得感は大きくなります。

高額な現金キャッシュバック

一応、業界最高額の現金キャッシュバックキャンペーンを行っている事で有名なのはGMOとくとくBB WiMAX 2+です。
ですが、契約するWiMAX端末の機種やクレードルの有無でキャッシュバック額は変動します。

ですので、全WiMAX端末でGMOとくとくBB WiMAX 2+が業界最高額なのかと言うと、実は、一概にそうとは言えなかったりします
従って、一部のWiMAX端末ではGMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックよりも高額なキャッシュバック額を貰えるWiMAX取扱店も存在します。

GMOとくとくBB WiMAX 2+よりも高額なキャッシュバック

どこで申し込んでも、同じWiMAXサービスを利用する形になります。
ですから、出来るだけ高額な現金キャッシュバックを貰いたいものです。

実は業界最高額!?DTI WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーン

DTI WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンの特徴

一般的に、業界最高額の現金キャッシュバックキャンペーンを行っていると認識されているのはGMOとくとくBB WiMAX 2+です。
ですが、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバック額は条件によって変動する為、条件によってはGMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバック額を超えるWiMAX取扱店が出て来ます。

キャッシュバック

そのWiMAX取扱店とは、DTI WiMAX 2+になります。
そんなDTI WiMAX 2+の主な特徴は、以下の3点となります。

  • どのWiMAX端末を選んでも、一律で29,000円もの高額キャッシュバックを貰える。
  • WiMAX端末のクレードルがわずか329円で購入出来るので、負担なくWiMAX端末のクレードルセットを購入出来る。
  • 日本全国の宿泊施設やレジャー施設、スポーツクラブや飲食店などなど、さまざまな店舗のサービスが特別優待価格になるDTI Club Offを利用出来る。

DTI WiMAX 2+のキャッシュバック額は、一律で29,000円になります。
一方、業界最高額のキャッシュバックキャンペーンを行っているGMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバック額は、以下の通りです。

GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバック額
WiMAX端末の機種 キャッシュバック額 クレードルセット時
Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34) 31,800円 29,500円
Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35) 30,800円 28,000円
Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33) 27,000円
novas Home+CA 28,000円
Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31) 27,000円

つまり、型落ちとなるモデルのSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)や最新WiMAX端末であるSpeed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)のクレードルなしを選んだ場合のみ、GMOとくとくBB WiMAX 2+は業界最高額になります。
ですから、ほとんどのWiMAX端末の場合だと、DTI WiMAX 2+のキャッシュバック額の方が業界最高額になります。

Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)とSpeed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)

特に、最新WiMAX端末であるSpeed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)のクレードルセットを選んだ場合には、GMOとくとくBB WiMAX 2+よりもDTI WiMAX 2+のキャッシュバック額の方が高額になる部分がポイントと言えます。
また、ホームルーターであるSpeed Wi-Fi HOME L01(HWS31)を選んだ場合にも、DTI WiMAX 2+のキャッシュバック額の方が業界最高額になります。

Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)とSpeed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)

DTI WiMAX 2+のキャッシュバックで通信費を大幅に節約!

ご紹介したように、実は、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバック額が業界最高額なのは一部のWiMAX端末のみになります。
そして、特に性能の高いSpeed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)のクレードルセットやSpeed Wi-Fi HOME L01(HWS31)を選んだ場合には、DTI WiMAX 2+のキャッシュバック額の方が高額になります。

Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)のクレードルセット

ですから、出来るだけ高額なキャッシュバック額を貰いつつも、WiMAX端末の性能も1番高いWiMAX端末を選びたいと言う方は、DTI WiMAX 2+が1番お勧めなWiMAX取扱店になります。

出来るだけ高額なキャッシュバックを貰う事で、通信費を大幅に節約する事が出来ます。
それだけ通信費のやり繰りで頭を悩ませる事もなくなりますので、ぜひ活用しましょう。

↓DTI WiMAX 2+の詳細情報はこちら↓
矢印DTI WiMAX 2+

DTI WiMAX 2+のメリットは他にも

DTI WiMAX 2+なら最新WiMAX端末のクレードルが安い!

ご紹介しているDTI WiMAX 2+ですが、現在、期間限定でSpeed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)とSpeed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)のクレードルが329円に大幅割引きされています。
Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)のクレードルは3,150円、Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)のクレードルは3,565円しますので、大幅な割引きとなっています。

クレードル

でも、クレードルなんて私に必要なの?
そう思う方もいるでしょうが、クレードルがある事でWiMAX端末の利便性は大幅に向上します。

具体的には、クレードルで以下の利便性が手に入ります

  • WiMAX端末を常に充電出来るので、いつでもフル充電の状態で外に持ち出す事が出来る。
  • クレードルに内蔵されているアンテナにより、WiMAX端末の通信環境が向上する。
  • WiMAX端末のディスプレイが常に点灯状態になるので、デジタル置き時計代わりになる。
  • クレードルの裏側にEthernetポートがあるので、LANケーブルを使って有線通信をする事が出来る。
  • 電波が混在するエリアでWi-FiやBluetoothの通信状態がイマイチな場合に、有線通信を使って安定した通信が行える
  • LANケーブルを使って光回線と繋げれば、WiMAX端末がアクセスポイントになる

ですので、定価の3,150~3,565円を支払ってもお得感を感じる位クレードルの利便性は大きいです。
そのクレードルを普段の10分の1程度の価格で購入出来る訳ですから、ぜひとも活用したいキャンペーン特典です。

DTI WiMAX 2+のキャンペーン期間に要注意

ご紹介しているDTI WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンですが、実は、キャンペーン期間が決まっています。
具体的には、2017年の6月30日まで実施されているキャンペーンになります。

キャンペーン期間

このキャンペーン期間を過ぎてしまうと、ご紹介した金額のキャッシュバック額は貰えなくなってしまいます
また、クレードルの大幅割引も適用されなくなってしまいます

それでは非常に勿体ないですから、キャンペーン期間中のお早めの申し込み手続きをお勧めします。

↓DTI WiMAX 2+のキャンペーンサイトはこちら↓
矢印DTI WiMAX 2+

 

タグ :   

モバイルルーター   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。