gmo キャッシュバック 期限切れ

安いねっと言いたい日々

安いインターネットサービス情報をご紹介します。

GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバック、期限切れだとどうなる?

 

GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバック、期限切れだとどうなる?

「GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックって、手続きには有効期限があるって聞いたんだけど…。
キャッシュバック手続きの有効期限が切れた場合にはどうなるの?」

WiMAX取扱店が実施しているキャンペーンの中でも、今特に人気なのがキャッシュバックキャンペーンです。
キャッシュバックキャンペーンを利用すると後ほど現金が戻って来ますから、結果的に安くWiMAXサービスを利用する事が出来るようになります。

その点が人気のポイントとなっているのでしょう。

後ほど現金が戻って来る

ただし、キャッシュバックキャンペーンを利用する場合、現金は配送する事が出来ません
ですので、銀行口座振込みを利用する形で、キャッシュバックが支払われます。

ただ、銀行口座振込みを利用するには、銀行口座情報の登録手続きが必要となって来ます。
その際、銀行口座情報の登録手続きはすぐには行えない形式になっていて、キャッシュバックを貰える1ヵ月前になってから、ようやく行えるようになる形式が一般的だったりします。

キャッシュバック手続きはすぐには行えない

また、キャッシュバックキャンペーンのキャッシュバックは、キャッシュバック額が高額になるほど、貰えるまでに掛かる期間が遅くなる傾向にあります。
と言うのも、キャッシュバックを受け取ったらそのまま解約手続きを行うユーザーがいるので、その対策として、しばらくサービスを利用させてからキャッシュバックを支払う形になっているのです。

キャッシュバックが貰えるタイミングとしては、申し込み手続きから1年後と言う形が多く採用されています。
それに伴い、キャッシュバック手続きも契約から11ヵ月後の形を採用しているところが1番多いです。

キャッシュバック手続きは11ヵ月後

業界最高額のキャッシュバックキャンペーンを実施しているGMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバック手続きも、契約から11ヵ月後に手続きを行える形式になっています。
ただ、契約から11ヵ月後ともなると、キャッシュバック手続きの事自体をすっかり忘れてしまうと言う方も出て来ます。

そんな中で、キャッシュバックを貰う際に必要な銀行口座情報の登録手続きには、1ヵ月程度の有効期間があります。
そして、その有効期限が切れてしまうと、キャッシュバックは貰えなくなってしまいます

有効期限切れでキャッシュバックが貰えず

実際、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックも、貰えなくなってしまう方が出て来ています
せっかくの業界最高額のキャッシュバックですから、貰えなくなるのは非常に勿体ないです。

いくら高額なキャッシュバックであっても、貰えなかったら意味がありません
だからこそ、しっかりとキャッシュバック手続きを行うようにしたいものです。

キャッシュバックの有効期限切れでGMOとくとくBB WiMAX 2+を活用出来なくなる前に

GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックの有効期限切れのタイミングと対策
GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックの有効期限切れが起きるタイミング

WiMAXサービスのキャッシュバックキャンペーンと言えば、GMOとくとくBB WiMAX 2+が1番有名です。
そんなGMOとくとくBB WiMAX 2+の主な特徴は、以下の3点となります。

  • 業界最高額の現金でのキャッシュバックが貰えるので、金銭的メリットが1番大きいWiMAX取扱店になる。
  • 最新WiMAX端末のクレードルセットが無料で貰えるので、初期費用を22,750~23,565円分節約出来る。
  • 20日以内のキャンセル保証制度が付いて来るので、万が一WiMAXサービスに満足行かなかった場合のリスクを抑える事が出来る。

そして、GMOとくとくBB WiMAX 2+でキャッシュバックを受け取る為に必要なポイントは、キャッシュバックが有効期限切れになる前に、しっかりと手続きを済ませると言う部分になります。
そこで、GMOとくとくBB WiMAX 2+でキャッシュバックを受け取る為の手続きを確認しておきましょう。

  1. キャッシュバックキャンペーン実施期間中に、キャンペーンサイトから申し込み手続きを行う。
  2. GMOとくとくBBへの入会手続きを行い、希望メールアドレス欄にてGMOの基本メールアドレスを登録する。
  3. WiMAX端末がGMOとくとくBB WiMAX 2+から発送される。
  4. 端末発送月を含めた11ヵ月目、GMOの基本メールアドレス宛てにGMOとくとくBBからのお知らせと書かれたメールが送信される。
  5. GMOとくとくBBからのお知らせメール送信月翌月末日までに本文中に書かれているURLにアクセスし、銀行口座情報を登録する。
  6. 翌月最終営業日、登録した銀行口座へキャッシュバックが振り込まれる

GMOとくとくBB WiMAX 2+では、WiMAX端末発送月を含めた11ヵ月目にお知らせメールが送信されます。
そして、お知らせメール送信月の翌月末日までが有効期限になります。

キャッシュバック手続きの有効期限

この期間こそが、キャッシュバック手続きの有効期間に該当します。
そして、ここでしっかりと手続きさえ行えば、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックを確実に貰う事が出来ます。

一方、うっかりこの有効期限内での手続きを忘れてしまうと、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバック手続きは有効期限切れになってしまいます。

GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバック手続きの有効期限切れを減らす為の施策

GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバック手続きの有効期限切れにならない為には、スマートフォンのカレンダーアプリを活用するのがお勧めです。
スマートフォンのカレンダーアプリは、AndroidでもiPhoneであっても最初からスマートフォンの中に入っています

スマートフォンのカレンダーアプリ

具体的なカレンダーアプリの使い方ですが、Androidなら画面右下の+、iPhoneなら画面右上の+をタップします。

+ボタンをクリックする

そして、件名開始日時通知時間をそれぞれ入力します。
ここに、WiMAX端末がGMOとくとくBB WiMAX 2+から発送された月を含めた11ヵ月目を登録します。

そして、最後に追加をタップします。

スマートフォンのカレンダー機能の設定方法

すると、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックの案内メールが届く月に入ったタイミングで、スマートフォンに通知が届きます。
この段階でキャッシュバック手続きの事を思い出す事が出来ますので、手続きの有効期限切れでキャッシュバックを貰い忘れてしまうと言うミスは起こりにくくなります。

キャッシュバック手続きの通知

念の為、15日20日辺りにも設定を入れておけば、間違いないでしょう。
スマートフォンは常に持ち歩いているものですから、この方法ならGMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバック手続きの有効期限切れのリスクはかなり減らせます

ぜひ活用してみて下さい。

GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックでお得なインターネット環境を

GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバック手続きが有効期限切れになってしまうタイミングと、有効な対策についてご紹介して来ました。
今の時代スマートフォンは誰でも持っているものですから、この方法ならGMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックをほぼ確実に貰う事が出来るようになるハズです。

GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックを確実に貰う

11ヵ月先の事を記憶力で乗り切るのは頼りないですが、スマートフォンなら間違いないでしょう。
しっかりと活用して、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックの有効期限切れで痛い目に遭わないようにしましょう。

確実にキャッシュバックを受け取り、その分だけ便利なWiMAXをお得な価格帯で利用出来るようにしたいものです。
そうすれば、お財布に優しいインターネット環境も手に入ります。

↓GMOとくとくBB WiMAX 2+の詳細情報はこちら↓
矢印GMOとくとくBB WiMAX 2+

GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンの魅力

GMOとくとくBB WiMAX 2+なら万が一の際にも安心

GMOとくとくBB WiMAX 2+のサービスは無線を使ったインターネットサービスになります。
ですから、実際に自宅で使ってみるまでは安心出来ないと言う方もいるでしょう。

WiMAX端末の行う通信

そう言う方にお勧めなのが、GMOとくとくBB WiMAX 2+の20日以内のキャンセル保証制度です。
この制度を利用すれば、24,800円の契約解除料を支払わずに解約手続きを行う事が可能です。

ですから、実際に使ってみて思ったほどのインターネット環境が手に入らなかった場合のリスクを減らす事が出来ます。
そう言う安心感のあるオリジナルの保証制度が用意されているのも、GMOとくとくBB WiMAX 2+の魅力の1つです。

リスクなく解約手続きを行える

ただ、元々WiMAXに非対応のエリアの方がダメ元でこの制度を悪用しない為に、20日以内のキャンセル保証制度には利用条件が定められています。
それは、ピンポイントエリア判定で自宅の住所を確認した際に、判定結果が○のエリアの方であると言う点になります。

事前に自分が20日以内のキャンセル保証制度を利用出来るかどうかを確認した上でGMOとくとくBB WiMAX 2+に申込むのも、リスクを減らす1つの方法になります。
ぜひ活用してみて下さい。

GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバック額とキャンペーンの実施期間

ご紹介して来たGMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンですが、実施期間が決まっています。
具体的には、2017年の6月30日まで実施されているキャンペーンになります。

キャンペーンの実施期間

このキャンペーン期間内であれば、GMOとくとくBB WiMAX 2+では以下のキャッシュバック額が用意されています。

GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバック額
WiMAX端末の機種 キャッシュバック額 クレードルセット時
Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34) 31,800円 29,500円
Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35) 30,800円 28,000円
Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33) 27,000円
novas Home+CA 28,000円
Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31) 27,000円

ただし、キャンペーン期間が終了してしまうと、このキャッシュバック額でGMOとくとくBB WiMAX 2+のサービスは利用出来なくなってしまいます
せっかく、キャッシュバック額が業界最高額になっているタイミングですから、キャッシュバック額が変更されてしまう前のお早めの申し込み手続きをお勧めします。

↓GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャンペーンサイトはこちら↓
矢印GMOとくとくBB WiMAX 2+

 

タグ :   

モバイルルーター   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。