インターネット 違約金

安いねっと言いたい日々

安いインターネットサービス情報をご紹介します。

インターネットサービスの違約金。支払うリスクの低いサービスは?

 

インターネットサービスの違約金。支払うリスクの低いサービスは?

以前、インターネットサービスの契約期間が自動的に更新されてしまったと言う経験はありませんか?
また、自動的に契約期間が延長されてしまっていた事に伴い、そのインターネットサービスを解約する際に支払わなくても良いような違約金を支払わされたなんて経験はありませんか?

インターネットサービスや携帯電話、スマートフォンなどと言ったインターネットサービスで、契約期間の概念が用いられています。
そして、契約期間の更新月以外で解約手続きを行うと、中途解約と言う形で違約金を請求されてしまいます

最初に高額な初期費用が必要

一度でもこのような勿体ない出費を経験をしてしまうと、もう二度と同じような失敗は繰り返したくないと言う気持ちが強くなります。

この契約期間の縛りによるリスクですが、インターネットサービスを導入する際が特に高くなります
と言うのも、インターネットサービスを契約後、もし、そのインターネットサービスが自宅では上手く通信出来なかったとしたら…?

きちんと通信出来ず

通信環境に満足しないまま契約更新月までそのインターネットサービスを利用し続けるか、高い違約金を支払ってそのインターネットサービスを解約するかの2択になってしまいます。

ですから、万が一インターネットが繋がらなかった場合に、違約金を支払う必要がなくなるようなインターネットサービスがあったら良いなと思いませんか?
しかも、契約更新月が2ヵ月位あって、気が付いたら自動的に契約期間を更新されていたと言う失敗が起こりにくい仕組みになっていたとしたら、非常に安心出来ると思いませんか?

インターネットサービスの契約期間と違約金

インターネットサービスの違約金が高過ぎる!

冒頭でご紹介したように、インターネットサービスには契約期間の縛りがあります。
契約期間に付いては1年、2年、3年、4年…と様々ですが、特に多いのは2年契約の自動更新型です。

契約期間

そして、契約期間が過ぎるとやって来る契約更新月内で解約手続きを行わなかった場合、自動的に同条件で再契約が結ばれます
例えば、元々が2年契約だった場合には、自動的に2年間の再契約が行われます。

そして、契約更新月内での解約手続きなら無料で行なえますが、それ以外の期間に解約手続きを行うと違約金を請求されてしまいます。
私も経験ありますが、自分はなぜ、サービスを辞める際にこれだけの金額を支払わされているのだろうかと納得出来ない気持ちになって来ます。

違約金を支払わされる

1万円近くの金額を支払っているのに、自分の手元には何も残らないと言う不思議な状況。
その時の事を思い出すと、悔しさで頭に来ます

ハッキリ言って、違約金を支払うのは非常に勿体ないです。
お金を支払って気分良くなれるのではなく、お金を支払って悔しい気持ちになります

なぜインターネットサービスには違約金の仕組みがあるの?

当時の私も疑問だったのですが、そもそも、なぜ契約期間の縛りがあって、なぜ違約金たるものを支払わされるような契約内容になっているのでしょうか?
実はこれ、契約手続きの際にはしっかりと理由が書かれています

インターネットサービスの契約条件

契約条件についてしっかり読んでいないと見落としてしまいますが、実は、各インターネットサービスは契約期間中ずっと割引が適用される代わりに、その期間中は解約手続きを出来ない仕組みになっているのです。
例えば、2年間月額料金を500円安くしますから、2年間は解約手続きを出来ませんと言うような具合になっています。

ですので、解約手続きの際に支払わされるあの違約金は、これまでの割引分と手続料的な金額を合わせた分をまとめて支払わされているようなニュアンスでしょうか。

これまでの割引分

また、契約期間が自動的に更新される仕組みになっているのは、うっかり更新手続きを忘れてしまいいつの間にかインターネットを利用出来なくなってしまっていたと言うようなミスを起こさせないようにする為の仕組みです。
特に、ビジネスとしてインターネットを利用している方からすれば、突然インターネットが利用出来なくなる事ほど怖いものはないでしょう。
いちいち手続きをしなくても、そのまま同じ契約を続ける事が出来た方がスムーズな訳です。

違約金を支払わされるリスクの低いインターネットサービスとは?

インターネットサービスの契約期間や違約金については、大体ご理解頂けたかと思います。
とは言っても、やはり、違約金など支払いたくはないものです。

違約金が請求される

そこでお勧めしたいインターネットサービスがPEPABO WiMAXになります。
と言うのも、PEPABO WiMAXにはオリジナルのキャンセル保証制度があるからです。

従って、PEPABO WiMAXなら違約金を支払わずに解約手続きを行う事が出来ます。
ですので、実際にPEPABO WiMAXのサービスを利用してみて、万が一思ったインターネット環境が手に入らなくても安心出来ます

違約金を支払わずに解約手続きを行える

また、PEPABO WiMAXの契約更新月は2ヵ月もあります。
ですから、気が付いたらインターネットサービスの契約期間を勝手に延長されていたなどと言ったリスクを減らす事が出来ます。

つまりは、泣く泣く契約期間中に解約手続きを行うような思いをする事もありません。

PEPABO WiMAXなら安心出来る理由とは?

PEPABO WiMAXの契約解除料

前述したPEPABO WiMAXですが、契約期間は2年契約の自動更新型になります。
そして、契約期間中に解約手続きを行うと、契約解除料と言う形で違約金を請求されます。

PEPABO WiMAXの契約解除料

そんなPEPABO WiMAXの契約解除料は、以下の通りです。

PEPABO WiMAXの契約解除料
契約期間 契約解除料
端末の受け取り月と12ヵ月 19,000円
13~24ヵ月目 14,000円
25ヵ月目~ 9,500円
PEPABO WiMAXなら安心のキャンセル保証制度あり

前述しましたが、PEPABO WiMAXにはオリジナルのキャンセル保証制度があります。
このキャンセル保証制度ですが、申し込み手続きを行ってから20日以内にサポートセンターへ連絡を入れる事で適用されます。

サポートセンターへ連絡を入れる

ただし、このキャンセル保証制度を利用する場合、あなたの自宅のピンポイントエリア判定結果は○である必要があります。
ですから、事前にあなたのご自宅のピンポイントエリア判定結果を確認しておく必要があります。

恐らく、元々WiMAXサービスエリア外の方が、お試し程度にこのキャンセル保証制度を悪用しない為の対策でしょう。

キャンセル保証制度が適用されると、解約手続き時に請求される19,000円分の契約解除料をPEPABO WiMAXが全額負担してくれます。
ですので、解約手続きの際の負担額を大幅に減らす事が出来ます。

その際、WiMAX端末は返却と言う形になります。
WiMAX端末の送り先については、サポートセンターから連絡が来ます。

WiMAX端末は返却する

PEPABO WiMAXのサービスは無線を利用しますから、実際に使用してみるまでは安心出来ません
だからこそ、このキャンセル保証制度のお陰で安心出来ます。

PEPABO WiMAXなら契約更新月が1ヵ月長い

前述しましたが、PEPABO WiMAXには契約更新月が2ヵ月もあります
具体的には、WiMAX端末の受け取り月を1ヵ月目として計算し、24ヵ月目と25ヵ月目が契約更新月になります。

PEPABO WiMAXの契約更新月は?

そして、各契約更新月の20日までに解約手続きを行う事で、PEPABO WiMAXのサービスを解約出来ます。

PEPABO WiMAXの契約更新月は、他のWiMAX取扱店よりも1ヵ月長いです。
2度解約手続きを行うチャンスが続きますので、うっかり手続きを忘れてしまうようなミスは起こりにくいです。

PEPABO WiMAXの解約手続き

後はスマートフォンのカレンダー機能などと組み合わせておけば、更にミスを防ぐ事が出来ます。

↓PEPABO WiMAXの詳細情報はこちら↓
矢印PEPABO WiMAX

PEPABO WiMAXのその他の特徴

PEPABO WiMAXの魅力的な3種類の料金プラン

ご紹介して来たPEPABO WiMAXですが、3種類の料金プランの中から1つを選択する事が出来る点も特徴的です。
具体的には、以下の3種類の料金プランが用意されています。

キャッシュバックプラン
23,500円のキャッシュバックが付いて来る通常プラン
月額割引プラン
月額料金の安い通常プラン
2年間ギガ放題お得プラン
月額料金の安いギガ放題プラン

各料金プランには通常プランとギガ放題プランの2種類の通信プランが用意されていて、自由に変更する事が出来ます。
通常プランだと月の通信量は7GBまでしか利用出来ませんが、ギガ放題プランなら上限がありません
ですので、たっぷりと通信を行いたい方にはギガ放題プランの方をお勧めします。

PEPABO WiMAXの2種類の料金プラン

通常プランに適用される速度制限
通信モード 月間のデータ利用量による速度制限 混雑回避のための速度制限
ハイスピードモード 速度制限あり
ハイスピードプラスエリアモード
ギガ放題プランに適用される速度制限
通信モード 月間のデータ利用量による速度制限 混雑回避のための速度制限
ハイスピードモード 速度制限なし 速度制限あり
ハイスピードプラスエリアモード 速度制限あり
月間のデータ利用量による速度制限
月始めからの総通信量が7GBを超えると、月末までの通信速度が128Kbpsに制限されてしまう速度制限
混雑回避のための速度制限
前日までの直近3日間の合計通信量が10GBを超えると、翌日の18時から翌々日の2時に掛けての通信速度が概ね1Mbpsに制限されてしまう速度制限。

PEPABO WiMAXのキャンペーン期間に要注意

前述したPEPABO WiMAXの3種類各料金プランですが、実は月末まで実施される料金プランになります。
月をまたぐと、用意されている料金プランの内容が大幅に変更される事があります。

料金プランが変更されてしまった

ですので、ラインナップ中の各料金プランのお得感が下がってしまう前にお早めの申し込み手続きをお勧めします。

↓PEPABO WiMAXのキャンペーンサイトはこちら↓
矢印PEPABO WiMAX

 

タグ :   

モバイルルーター   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。