nifty wimax l01

安いねっと言いたい日々

安いインターネットサービス情報をご紹介します。

@nifty WiMAXでSpeed Wi-Fi HOME L01(HWS31)の取り扱いが開始に

 

@nifty WiMAXでSpeed Wi-Fi HOME L01(HWS31)の取り扱いが開始に

自宅へのインターネットの設置を考えているものの、回線工事が必要となる部分がネックで、なかなか導入までは踏み切れない。
そのような方にお勧めなWiMAX端末がSpeed Wi-Fi HOME L01(HWS31)になります。

Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)はホームルータータイプのWiMAX端末ですので、無線通信でインターネットへ接続する事が出来ます。
その仕組みから、回線工事は不要です。

回線工事が不要と言う事で、勿論、工事に立ち合ったり回線工事費が発生する事はありません。
引っ越しする際にも負担になりませんし、Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)が家に届いた段階からインターネットの利用開始が出来ます

Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)

そんなSpeed Wi-Fi HOME L01(HWS31)が、@nifty WiMAXで取り扱い開始となりました。
@nifty WiMAXからSpeed Wi-Fi HOME L01(HWS31)を申し込む事によって、お得なキャンペーン特典が付いて来ます。

そこで、Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)の特徴と、@nifty WiMAXのキャンペーンについてご紹介します。

↓@nifty WiMAXの詳細情報はこちら↓
矢印@nifty WiMAX

@nifty WiMAXでSpeed Wi-Fi HOME L01(HWS31)が取り扱い開始

Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)の特徴は?
Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)はハイスピードプラスエリアモードを搭載

冒頭でご紹介したSpeed Wi-Fi HOME L01(HWS31)ですが、HUAWEI製のWiMAX端末になります。
ですから、従来のHuawei製のWiMAX端末と同様にハイスピードプラスエリアモードを搭載しています。

ハイスピードプラスエリアモードとは、人口カバー率99%と言う広い通信エリアに対応するau 4G LTE通信を利用する通信モードになります。
また、au 4G LTEは低周波数の帯域を利用するプラチナバンドですから、奥まった場所にも電波が到達しやすいと言う特徴を持っています。

こう言った理由から、Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)をハイスピードプラスエリアモードに設定する事で、ハイスピードモードでは圏外表示されるような場所からでもインターネットを利用する事が出来ます。

そんなSpeed Wi-Fi HOME L01(HWS31)のハイスピードプラスエリアモードですが、3波キャリアアグリゲーションと言う技術を利用する事も出来ます。
これは何かと言うと、WiMAX 2+とau 4G LTEの通信帯域を束ねて利用する技術になります。

通信帯域を束ねて利用する事で、一度の通信時の通信帯域が広がります
その結果、下り最大通信速度が370Mbpsに引き上げられます。

Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)は4×4MIMOやキャリアアグリゲーションに対応

Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)の特徴としては、通信速度の速さも挙げれます。
と言うのも、Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)は下り最大通信速度が440Mbpsも出るからです。

快適な通信速度

Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)の高速通信を実現させている機能が、4×4MIMO CAになります。

4x4MIMO CA

4×4MIMOとは、Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)に内蔵されている4本のアンテナとWiMAXの基地局に設置されている4本のアンテナを利用して、複数の通信を同時に行う技術の事を指します。
その結果、Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)の通信速度は2倍に高速化されます。

そして、CAとはキャリアアグリゲーションの事を指しますが、複数分の通信帯域を束ねて利用する機能となります。
一度の通信で利用出来る通信帯域が広がりますので、その結果、Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)の通信速度が加速化されます。

キャリアアグリゲーション

また、Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)は上り最大通信速度に対しても通信速度を引き上げる技術が搭載されています。
その結果、Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)の上り最大通信速度は30Mbpsになります。

Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)の上り最大通信速度を引き上げている技術の1つが、キャリアアグリゲーションになります。
こちらは既にご紹介している通り、複数通信分の通信帯域を束ねて利用する技術の事を指します。

上り回線のキャリアアグリゲーション

それに加えて、Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)のデジタル変調方式は64QAM変調方式が採用されています。
ですから、16QAM変調方式と比べて、通信時の情報密度が高くなっています
その分だけ通信時の情報量が増えますので、通信速度が向上します。

Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)は42台の機器の同時利用が可能

冒頭でご紹介した通り、Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)はホームルータータイプのWiMAX端末になります。
ですから、Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)はバッテリーを内蔵しておらず、コンセントから電源が取れる場所でのみ利用可能です

コンセント

その代わり、Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)はバッテリー残量を長持ちさせる為に、あえて通信パフォーマンスを抑えると言う配慮が不要です。
その分、Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)は通信パフォーマンスを最大限に活かせる構造になっています。

それが特に表れているのが、同時接続台数になります。
と言うのも、Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)は同時に42台もの機器を通信する事が出来るからです。

Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)の同時接続数

具体的には、2.4GHzのWi-Fiで最大20台。
5GHzのWi-Fiで最大20台。
そして、有線LANポートから最大2台の機器を通信する事が出来る構造になっています。

特にSpeed Wi-Fi HOME L01(HWS31)の特徴として大きい点が、2.4GHzのWi-Fiと5GHzのWi-Fiを同時利用出来ると言う部分になります。
と言うのも、モバイルルータータイプのWiMAX端末だと、2.4GHzか5GHzのWi-Fi設定のうち、片方しか設定出来ない構造となっているからです。

Wi-Fiテザリング

ですので、5GHzに非対応の機器が1台でも混ざっていると、Wi-Fi設定は2.4GHzに設定せざるを得ません

ちなみに、2.4GHzと5GHzのWi-Fiの特徴としては、以下の点が挙げれます。

2.4GHz
汎用性が高いWi-Fi設定で、比較的古い機器でも対応している点が特徴的。
5GHz
対応機器が少ない分だけ電波干渉の起こりにくいWi-Fi設定で、通信速度や通信範囲も高パフォーマンス

つまり、優先して利用すべきは5GHzのWi-Fiで、5GHzに非対応の機器を通信する際に2.4GHzのWi-Fiを利用する形がベストになります。

Wi-Fi

とまぁ、モバイルルータータイプのWiMAX端末を利用する際には、Wi-Fi設定にまで気を配る必要があります。

その一方、Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)なら2.4GHzと5GHzの同時利用が出来ますので、5GHzのWi-Fiに対応している機器は5GHzのWi-Fiで、5GHzに非対応の機器は2.4GHzで通信するようにすれば大丈夫です。
つまり、各通信機器のWi-Fi設定に応じて、ベストな通信方法を利用する事が出来ます。

ベストな通信方法を選択

また、Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)は有線LANポートを2つ搭載しており、LANケーブルを使って2台の機器を有線通信出来ます。
ですから、Wi-Fiに非対応の機器でも通信する事が出来ます

Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)を@nifty WiMAXから申し込むメリットとは?

冒頭でご紹介した通り、Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)が@nifty WiMAXから申し込めるようになっています。
Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)を@nifty WiMAXから申し込んだ際には、20,100円もの高額キャッシュバックを貰う事が出来ます。

高額なキャッシュバックが貰える

そんな@nifty WiMAXでキャッシュバックを貰う為の手順は、以下の通りになります。

  1. キャッシュバック用のキャンペーンサイトから、申し込み手続きを行う。
  2. 端末発送月を含めた8ヵ月目に、キャッシュバックの案内メールが送信される。
  3. 有効期限内に、キャッシュバックの振り込み先となる銀行口座の登録手続きを行う。
  4. 翌月、登録した銀行口座へキャッシュバックが振り込まれる

このように、@nifty WiMAXであればSpeed Wi-Fi HOME L01(HWS31)が発送された月を含めた8ヵ月目にはキャッシュバック手続きを行う事が出来ます。
この部分、WiMAX取扱店の大多数が11ヵ月目を採用していますので、3ヵ月も早く手続きを行える形になります。

キャッシュバック手続きを行う

そんなキャッシュバック手続き開始月ですが、実は、非常に重要な部分となっています。
と言うのも、キャッシュバック手続き開始月が遅くなればなるほどに手続きのうっかり忘れのリスクが高くなってしまうからです。
つまり、キャッシュバック手続きを早く行える仕組みになっていれば、その分だけキャッシュバックが貰える確実性は高くなると言う訳なのです。

そして、@nifty WiMAXは高額なキャッシュバックが早い段階で貰えますので、非常にバランスの良いキャッシュバックキャンペーンと評判なのです。

評判の良いキャッシュバックキャンペーン

ご紹介したように、@nifty WiMAXのキャッシュバックキャンペーンは比較的早い段階で貰えます
キャッシュバックを受け取った後は、ただひたすらにWiMAXサービスを利用する事だけに集中出来ます。

いつキャッシュバック手続きを行わなければならないかを常に考えなければならないようなインターネット環境では、果たして、利便性の高いインターネット環境と言えるのでしょうか?
そう考えると、@nifty WiMAXのキャッシュバックキャンペーンの魅力がお分かり頂けるかと思います。

↓@nifty WiMAXのキャンペーンサイトはこちら↓
矢印@nifty WiMAX

@nifty WiMAXのキャンペーン特典は他にも

@nifty WiMAXなら初期通信費が大幅に割引き

ご紹介している@nifty WiMAXですが、Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)を申し込んだ際に利用出来るキャンペーン特典は、他にもいくつかあります。
例えば、ご利用開始月を含めた3ヵ月間、WiMAX 2+サービス利用料が無料になるキャンペーン特典も付いて来ます。

@nifty WiMAXの月額料金が安くなる

その結果、@nifty WiMAXの月額料金は以下の通りになります。

@nifty WiMAXの月額料金
ご利用期間 WiMAX 2+ Flat 2年 auスマホ割 WiMAX 2+ Flat 2年 ギガ放題
ご利用開始月 0円
2~3ヵ月目 250円
4ヵ月目~ 3,670円 4,350円

このように、@nifty WiMAXであれば最初のうちの負担額を大幅に抑える事が出来ます。
それだけWiMAXサービスの導入がしやすくなる訳です。

@nifty WiMAXならSpeed Wi-Fi HOME L01(HWS31)がお得に手に入る

@nifty WiMAXでSpeed Wi-Fi HOME L01(HWS31)の申し込み手続きを行う際、気になるのがその価格です。
と言うのも、Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)には様々な機能が搭載されていますので、それなりに高額な端末価格が掛かります。

具体的なSpeed Wi-Fi HOME L01(HWS31)の価格ですが、実は、通常価格で20,000円もします。
WiMAXサービスを導入しようと考えた際に、いきなりこれだけの料金を支払うのは負担が大きいでしょう。

金欠

ですが、@nifty WiMAXならSpeed Wi-Fi HOME L01(HWS31)の価格が1円に割引きされます。
そう、@nifty WiMAXならSpeed Wi-Fi HOME L01(HWS31)がタダ同然で手に入る訳です。

しかも、Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)の送料が無料になるキャンペーン特典まで付いて来ます。
ですから、@nifty WiMAXならWiMAXサービス導入時の負担額をかなり節約する事が出来ます。

auユーザーなら、@nifty WiMAXがよりお得に!

@nifty WiMAXユーザーの中でauユーザーの方であれば、優遇措置を受ける事が出来ます。
と言うのも、@nifty WiMAXはauスマートバリューmineに対応しているからです。

auスマートバリュー

auスマートバリューmineとは、auとUQ WiMAXとのセット割のようなキャンペーン特典になります。
auショップやKDDIお客さまセンターにてauスマートバリューmineの申し込み手続きを行うと、auの月額料金が500~934円の間で割引きされます。
割引き期間はずっと続きますので、非常に大きなキャンペーン特典と言えます。

また、auスマートバリューmineを利用中の方であれば、@nifty WiMAXのサービス側でも優遇措置を利用する事が出来るようになります。
具体的には、ハイスピードプラスエリアモードを利用時のLTEオプション料が無料になるキャンペーン特典が付いて来ます。

LTEオプション料が無料に!

通常、ハイスピードプラスエリアモードを一度でも利用した月は、月額1,005円のLTEオプション料が請求されてしまいます。
ですが、auスマートバリューmineを利用中の方は対象外となる訳です。

つまり、ハイスピードプラスエリアモードを以前よりも気兼ねなく利用する事が出来るようになります。
有料回線だからハイスピードプラスエリアモードは利用しないと思っていた方にとって、このキャンペーン特典はインターネット環境の利便性を大幅に上げる事が出来るものになるでしょう。

@nifty WiMAXのキャンペーン期間に要注意

これまでご紹介して来た@nifty WiMAXの各キャンペーン特典ですが、実は、有効期間があります。
具体的には、2017年2月1日から2月28日まで適用されるキャンペーン特典となっています。

キャンペーン期間

キャンペーン期間を過ぎてしまうと、@nifty WiMAXのキャンペーン内容がガラリと変更になる事があります。
ですので、ご紹介したキャンペーン内容が気になると言う方は、お早めの申し込み手続きをお勧めします。

↓@nifty WiMAXのキャンペーンサイトはこちら↓
矢印@nifty WiMAX

 

タグ :   

モバイルルーター   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。