novas wimax w04

安いねっと言いたい日々

安いインターネットサービス情報をご紹介します。

novas WiMAXで新製品Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)の取り扱い開始

 

novas WiMAXで新製品Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)の取り扱い開始

インターネット環境を携帯して、色々な場所から高速通信を楽しみたい
そんな方にピッタリのWiMAX端末として、Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)が登場しました。

Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)はハイスピードプラスエリアモードを搭載しているWiMAX端末で、様々な場所からインターネットを楽しむ事が出来ます。
また、Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)は4×4MIMO CAにも対応していますので、下り最大通信速度440Mbpsの超高速通信を行う事も出来ます。

そんなSpeed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)が、novas WiMAXにて取り扱い開始になりました。
そこで、Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)の特徴と、novas WiMAXでSpeed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)を申し込む際のメリットについてご紹介したいと思います。

↓novas WiMAXの詳細情報はこちら↓
矢印novas WiMAX

Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)の特徴とお得に手に入れる方法

Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)の特徴は?
Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)はスティックデザインを採用

冒頭でご紹介したSpeed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)ですが、スティックデザインを採用している点が、ぱっと見目立つ部分となります。
旧モデルとなるSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)と比較すると、幅が1cm短くなって、長さが1cm長くなった形になります。

Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)とSpeed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)

細く縦長の形状になった事により、Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)は片手での操作性が向上しました。
つまり、片手はバッグを持ったまま、もう片方の手の親指でスイスイとSpeed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)を操作する事が出来るようになった訳です。

Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)は広い通信エリアをカバー

Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)はHuawei製のWiMAX端末です。
Huawei製のWiMAX端末と言えば、広いエリアで通信出来るハイスピードプラスエリアモードを搭載している点が特徴の1つとして挙げられます。

Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)も勿論そうで、人口カバー率99%のエリアで利用出来るハイスピードプラスエリアモードを搭載しています。
通信モードをハイスピードプラスエリアモードに設定すると、au 4G LTE通信を利用する事が出来るようになります。
このau 4G LTE通信が、様々な場所に対応しているのです。

また、au 4G LTE通信は800MHzのプラチナバンドを利用して通信を行います。
この低周波数の帯域を利用した通信は、障害物を回り込みやすい性質を持っています。
ですから、奥まった場所にもきちんと電波が到達しやすいと言うメリットがあるのです。

このように、ハイスピードプラスエリアモードは非常に繋がりやすい通信モードになります。
そんなハイスピードプラスエリアモードを搭載していますので、Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)はとても安心感のあるWiMAX端末だと言えます。

Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)は高速通信に対応

冒頭でご紹介したように、Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)は4×4MIMO CAと言う技術によって下り最大通信速度が440Mbps出る点も特徴の1つです。

4x4MIMO CA

4×4MIMOとは、Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)に内蔵されている4本のアンテナとWiMAXの基地局に設置されている4本のアンテナを利用して、複数の同時通信を行う技術の事です。
複数の通信を同時に行う事によって、通信速度を高速化する事が出来ます。

CAとはキャリアアグリゲーションの事で、複数の通信帯域を束ねて通信速度を加速化する技術の事を指します。
Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)の場合だとWiMAX 2+の通信帯域を2回線分束ねますので、通信速度が2倍に加速化されます。

キャリアアグリゲーション

また、Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)は上り通信に対しても、通信速度を高速化する技術を搭載しています。
その技術の1つが64QAM変調方式になります。

64QAM変調方式とは、6ビットで通信を行うデジタル変調方式の事を指します。
4ビットで通信を行う16QAM変調方式と比べると、1度の通信時の情報密度が高くなっています
その結果、通信速度が高速化される訳です。

高速通信

そして更に、Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)は上り通信に対してもキャリアアグリゲーションを利用しています。
その結果、Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)の上り最大通信速度は30Mbps出ます。

Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)は3種類の通信パフォーマンスモードを搭載

ご紹介した4×4MIMOやキャリアアグリゲーションですが、複数分の通信を同時に利用する関係からバッテリー消費が激しい機能になります。
そこで、Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)には4×4MIMOやキャリアアグリゲーションの使用を制御する3種類の通信パフォーマンスモードが搭載されています。

ハイパフォーマンスモード
常に4×4MIMO CAを使って通信を行う通信パフォーマンスモード。
ノーマルモード
基本的には2×2MIMO CAを使って通信を行い、バッテリー残量が3割以下になるとキャリアアグリゲーションの使用を自動停止する通信パフォーマンスモード。
バッテリーセーブモード
常に2×2MIMOを使って通信を行う通信パフォーマンスモード。

それぞれの通信パフォーマンスモードを使い分ける事によって、通信速度と連続通信時間を調整する事が出来ます。
各通信パフォーマンスモードを利用時の連続通信時間は、以下の通りになります。

各通信パフォーマンスモードと連続通信時間
通信パフォーマンスモード ハイスピードモード ハイスピードプラスエリアモード
ハイパフォーマンスモード 約390分 約260分
ノーマルモード 約540分 約390分
バッテリーセーブモード 約630分 約550分
Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)のテザリング機能

Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)の連続通信時間を伸ばす機能は、テザリング側にも用意されています。
それが、Bluetoothテザリングになります。

Bluetoothテザリング

BluetoothテザリングはWi-Fiテザリングと比べるとパフォーマンス面で劣るものの、バッテリーの消費を抑える事が出来ます。
ですから、より長く通信を行いたいのであれば、Bluetoothテザリングに設定しておくと良いです。

ただし、Bluetoothテザリングを利用時の同時接続台数は3台までとなっています。
ですので、4台以上の機器を通信する場合には、Wi-Fiテザリングに切り換える必要が出て来ます。

Wi-Fiテザリング

ちなみに、Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)の対応しているWi-Fi規格は以下の通りになります。

2.4GHz
IEEE802.11n/g/b
5GHz
IEEE802.11ac/n/a

そして、Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)の端末側で、2.4GHz5GHzのWi-Fiのうちのどちらを利用するか設定する事が出来ます。
2.4GHzと5GHzとで特性がありますので、それを考慮した上で使い分けたいものです。

2.4GHz
汎用性が高いWi-Fi設定で、様々な機器を通信する事が出来る。
5GHz
電波干渉が起こりにくいWi-Fi設定で、安定した通信を行う事が出来る。

ちなみに、最新のWi-Fi規格であるIEEE802.11acは5GHzを利用して通信を行います。
ですので、通信速度や通信範囲と言うようなパフォーマンス面で考えた場合には、5GHzを優先的に利用すると良いです。

Wi-Fi設定

ただ、古い機器類の場合には5GHzのWi-Fiに対応していない事もあります。
そう言った場合には、2.4GHzのWi-Fi設定で通信を行うようにしましょう。

Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)をお得に手に入れるには?

冒頭でもご紹介しましたが、Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)がnovas WiMAXにて取り扱い開始となりました。
そこで気になって来るのが、Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)の販売価格でしょう。

Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)

Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)は通常価格で20,000円もします。
ただ、WiMAXサービスを導入する際にこれだけの費用が掛かるとなると、負担が大き過ぎます。

そんな中、novas WiMAXのキャンペーン特典を利用すれば、Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)の販売価格が無料になります。
つまり、負担なくSpeed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)を手に入れる事が出来るようになります。

Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)が無料に

しかも、Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)の送料も無料になります。
つまりは、WiMAXサービスを導入する際の負担額を大幅に節約する事が出来ます。

ですから、ある程度お金を貯めてからWiMAXサービスに申し込むと言うような事は、特に考えなくても大丈夫です。
従って、それだけWiMAXサービスに手が届きやすくなります

↓novas WiMAXのキャンペーンサイトはこちら↓
矢印novas WiMAX

novas WiMAXでSpeed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)の申し込み手続きを行うメリット

novas WiMAXは通信費がお得!

ご紹介しているnovas WiMAXですが、novas WiMAX 2+ 定額プラン(2年)とnovas WiMAX 2+ ギガ放題プラン(2年)の2種類の料金プランが用意されています。

novas WiMAXの月額料金
ご利用期間 novas WiMAX 2+ 定額プラン(2年) novas WiMAX 2+ ギガ放題プラン(2年)
サービス開始月 0円
1~2ヵ月目 3,599円 2,980円
3ヵ月目~ 4,380円

月額料金的にはnovas WiMAX 2+ 定額プラン(2年)の方が総額は安くなりますが、月間の総通信量が7GBまでしか利用出来ない料金プランになります。
ですから、ある程度インターネットを利用する方の場合にはnovas WiMAX 2+ ギガ放題プラン(2年)の方がお勧めになります。

たっぷりとインターネットを利用する

novas WiMAXの料金プランの特徴として、初期の月額料金の負担額が少ないです。
特に、サービス開始月の月額料金は無料になります。
ですから、こう言う部分からもnovas WiMAXは申し込みやすいWiMAXサービスと言えます。

novas WiMAX 2+ ギガ放題プラン(2年)なら更にお得に

ご紹介したように、novas WiMAXには2種類の料金プランが用意されています。
そして、通信量の関係からnovas WiMAX 2+ ギガ放題プラン(2年)の方がお勧めだとご紹介しました。

実は、もう1点novas WiMAX 2+ ギガ放題プラン(2年)をお勧め出来る部分があります。
それは、キャッシュバックが貰えると言う部分です。
と言うのも、novas WiMAXではnovas WiMAX 2+ ギガ放題プラン(2年)に申し込んだユーザーを対象に、10,000円のキャッシュバックキャンペーンを行っているからです。

キャッシュバックキャンペーン

キャッシュバック手続きに関してはご利用開始月を含めた11ヵ月目に案内メールが届きますので、それに従って銀行口座を登録して下さい。
キャッシュバックは、登録した銀行口座へ振り込まれます

Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)の申し込み手続きはお早めに

ご紹介したnovas WiMAXですが、取り扱うSpeed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)は数に限りがあります
ですから、この先突然Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)がラインナップから外れてしまう事もあります

Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)がラインナップから外れてしまう!?

そう言った事もありますから、Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)に魅力を感じている方は、売り切れてしまう前にお早めの申し込み手続きをお勧めします。

↓novas WiMAXの申し込み手続きはこちら↓
矢印novas WiMAX

 

タグ :   

モバイルルーター   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。