pocket wifi 603hw

安いねっと言いたい日々

安いインターネットサービス情報をご紹介します。

Y!mobileに下り最大通信速度612MbpsのPocket WiFi 603HWが登場!

 

Y!mobileに下り最大通信速度612MbpsのPocket WiFi 603HWが登場!

とにかく快適にサクサクとインターネットを利用したい。
そのようなあなたの希望を実現するPocket WiFiが登場しました!

それが、Pocket WiFi 603HWです。

Pocket WiFi 603HWにはキャリアアグリゲーション4×4MIMO、更には256QAMと言う3つの技術が搭載され、下り最大通信速度が612Mbps出る史上最速のPocket WiFiとなっています。

Pocket WiFi 603HW

そんなPocket WiFi 603HWは、HUAWEI製のPocket WiFiです。
Pocket WiFi 603HWの発売日は2月中旬予定となっていて、現在は予約注文も出来ない状態になっています。

気になる料金プランもまだ未発表となっていて、アドバンスオプションに対応しているのかどうかが気になる点の1つとなっています。

アドバンスオプションに対応している?

ちなみに、SoftBankでも同モデルが取り扱われる予定になっていますが、Pocket WiFiの機種名はPocket WiFi 602HWになります。

↓Pocket WiFi 603HWの詳細情報はこちら↓
矢印Y!mobile

Pocket WiFi 603HWは通信速度が速い!

Pocket WiFi 603HWの対応している通信回線は?

ご紹介しているPocket WiFi 603HWですが、FDD-LTEAXGPTDD-LTEの3種類の通信回線に対応しています。

Pocket WiFi 603HWの対応している通信回線
通信回線 通信帯域
FDD-LTE 900MHz,1.5GHz,1.7GHz,2.1GHz
TDD-LTE 3.5GHz
AXGP 2.5GHz

FDD-LTEは900MHzのプラチナバンドを利用しますので、奥まった場所にも電波が到達しやすいと言う特徴があります。

そして、TDD-LTEとAXGPの同時利用によって、Pocket WiFi 603HWの下り最大通信速度は612Mbpsとなります。

Pocket WiFi 603HWの最大通信速度
通信回線 下り通信 上り通信
4G(AXGP+TDD-LTE) 612Mbps 13Mbps
4G LTE(FDD-LTE) 350Mbps 37.5Mbps
Pocket WiFi 603HWの4×4MIMOと言う技術とは?

冒頭でご紹介しましたが、Pocket WiFi 603HWには4×4MIMOと言う技術が搭載されています。
4×4MIMOとは何なのかと言うと、TDD-LTEの基地局に設置されている送信用アンテナ4本と、Pocket WiFi 603HWに内蔵されている受信用アンテナ4本を利用して複数のデータ通信を同時に行う技術の事を指します。

4×4MIMO

その結果、Pocket WiFi 603HWの下り最大通信速度を倍に引き上げる事が出来ます。

Pocket WiFi 603HWのキャリアアグリゲーションと言う技術とは?

Pocket WiFi 603HWには、キャリアアグリゲーションと言う技術も搭載されています。
キャリアアグリゲーションとは、TDD-LTEの2回線分の周波数帯域を束ねて使用する技術の事を指します。

キャリアアグリゲーション

その結果、Pocket WiFi 603HWの下り最大通信速度を倍に引き上げる事が出来ます。

Pocket WiFi 603HWの256QAMと言う技術とは?

更に、Pocket WiFi 603HWには256QAMと言う技術も搭載されています。
従来の6ビットである64QAMから8ビットである256QAMと言う変調方式を採用した事で、一度に送信出来るデータの情報密度を上げる事が出来るようになりました。

高速通信

一度に送信出来る情報量が増えた事により、その結果、通信速度が従来と比較して約1.3倍になっています。

↓Pocket WiFi 603HWの詳細情報はこちら↓
矢印Y!mobile

Pocket WiFi 603HWのその他の機能

Pocket WiFi 603HWの対応しているWi-Fi規格

これまで、Pocket WiFi 603HWの通信方式についてご紹介して来ました。
続いて、Pocket WiFi 603HWが対応しているWi-Fiテザリングについてご紹介して行きます。

Pocket WiFiの行う通信

Pocket WiFi 603HWが対応しているWi-Fi規格としては、IEEE802.11a/b/g/n/acが挙げれます。
最新Wi-Fi規格であるIEEE802.11acにも対応していますので、5GHzのWi-Fiを利用する事が出来ます。

5GHzのWi-Fiは、従来の2.4GHzのWi-Fiと比較して対応機器が少ないです。
ですが、電子レンジなどと言った家電製品の使用する周波数の帯域とは被らず、電波干渉が起こりにくいと言うメリットがあります。

安定したインターネット環境

また、IEEE802.11acは従来のIEEE802.11nと比較して約11.5倍もの通信速度で通信を行う事が出来ます。
Wi-Fiの届く範囲も一周り広いですから、より快適に通信を行う事が出来ます。

ちなみに、Pocket WiFi 603HWの同時接続数は最大で14台となります。
ただし、Wi-Fiスポット機能を使用している場合やマルチSSID機能を設定している場合には、最大同時接続数が13台になります。

Pocket WiFi 603HWの通信可能時間は?

Pocket WiFi 603HWに搭載されているバッテリーの容量は2400mAhになります。
そして、対応する通信時間は以下の通りになります。

Pocket WiFi 603HWの対応する通信時間
状態 連続通信時間
連続待機時間 約850時間
省電力設定OFF時 約6時間
省電力設定ON時 約8.5時間

※キャリアアグリゲーションを非適用時

省電力設定をONにすると、連続通信時間が長くなります
ただし、4×4MIMOではなく2×2MIMOを利用するようになりますので、通信速度が遅くなります。

Pocket WiFi 603HWは高速起動に対応!

Pocket WiFi 603HWは、電源を入れて約5秒で利用出来るようになっています。

Pocket WiFi 603HW

ですので、電源を入れた後に長々と待たされるような事はありません

Pocket WiFi 603HWは国際ローミングにも対応!

Pocket WiFi 603HWは国際ローミングにも対応しています。
ですので、海外に行ってもそのまま利用する事が出来ます。

空港

ただし、海外で利用出来る通信回線はFDD-LTEAXGPの4G通信と3G通信のみとなります。
TDD-LTEは利用出来ませんので、その点には注意しましょう。

ちなみに、Y!mobileと比較対象にされる事の多いサービスにUQ WiMAXと言うモバイルインターネットサービスがあります。
そのUQ WiMAXは国際ローミングには非対応となっています。
ですから、ここがY!mobileのPocket WiFiを利用する強みの1つになります。

↓Pocket WiFi 603HWの詳細情報はこちら↓
矢印Y!mobile

 

モバイルルーター   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。