so-net wimax l01

安いねっと言いたい日々

安いインターネットサービス情報をご紹介します。

So-net モバイル WiMAX 2+にSpeed Wi-Fi HOME L01(HWS31)が登場!

 

So-net モバイル WiMAX 2+にSpeed Wi-Fi HOME L01(HWS31)が登場!

光回線を導入する際、回線工事が必要だと言う部分が負担となっている方は少なくないです。
光ケーブルを最寄りの電柱から引き込む必要があるので、少なからず回線工事が必要になります。

賃貸の方なら大家の許可が必要ですし、回線工事に立ち合う必要もあります。
また、回線工事が終わるまではインターネットが利用出来ませんし、回線工事費が発生してしまいます。

回線工事

そして、引っ越す度に回線工事が必要となる部分も大きなデメリットです。

そう言った回線工事に関する悩みがない状態でインターネット環境を導入したいと言う方にお勧めなのが、Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)になります。
と言うのも、Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)はWiMAX 2+と言う無線通信を利用してインターネットを行いますので、そもそも回線工事が不要なのです。

Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)

ですから、上記デメリットは発生しませんし、Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)が家に届いたその日から、インターネットを利用開始する事が可能です。

そんなSpeed Wi-Fi HOME L01(HWS31)が、So-net モバイル WiMAX 2+で取り扱い開始になりました。
そこで、Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)の特徴と、So-net モバイル WiMAX 2+で購入するメリットについてご紹介したいと思います。

So-net モバイル WiMAX 2+で購入するメリットは?

ぜひ、インターネット環境を導入する際の参考にしてみて下さい。

↓So-net モバイル WiMAX 2+の詳細情報はこちら↓
矢印So-net モバイル WiMAX 2+

Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)をSo-net モバイル WiMAX 2+で申し込むメリット

Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)の特徴
Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)はホームルータータイプのWiMAX端末

So-net モバイル WiMAX 2+で取り扱い開始となったSpeed Wi-Fi HOME L01(HWS31)ですが、ホームルータータイプのWiMAX端末になります。
ですから、バッテリーは搭載しておらず、ACアダプタを利用してコンセントから電源を取る形で利用します。

コンセント

「WiMAX端末なのに、バッテリーを搭載していないの?」
「外に持ち出して利用出来ないのなら、WiMAX端末の意味がないじゃん。」

Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)に対してそう言う悪評を耳にする事がありますが、Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)はバッテリーを内蔵していないからこそのメリットがあるのです。
と言うのも、Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)はバッテリーを搭載していませんので、バッテリーを長持ちさせる為にわざわざパフォーマンスを抑えるような構造になっていないのです。
そう、Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)はパフォーマンスに特化した構造となっているWiMAX端末なのです。

バッテリー残量

ですから、Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)はWi-Fiで最大40台までの機器を同時接続する事が出来ます。
バッテリー内蔵型のWiMAX端末の場合は最大10台までですから、その4倍ものパフォーマンスを発揮する事が出来る訳です。

また、Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)は有線LANポートも2つ搭載しています。
Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)が対応している有線LANポートの規格はEthernet 1000Base-T/100Base-TX/10Base-Tと言う事で、Gigabitイーサ対応となっています。

Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)の同時接続数

つまりは、Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)はWiMAX端末史上最多となる42台の機器の同時通信に対応している訳です。
これだけの機器を同時通信出来ますので、通常の用途でしたら同時接続台数が足りないなどと言う事にはならないでしょう。

Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)は2.4G/5GHzのWi-Fi同時利用が可能

Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)はIEEE802.11a/b/g/n/acのWi-Fi規格に対応しています。
ですから、2.4GHz5GHzのWi-Fiを利用する事が出来ます。

2.4GHz
汎用性の高い周波数で、様々な機器を通信する事が可能
5GHz
割と新しい機器しか対応していないものの、電波干渉の起こりにくい安定した通信を行う事が可能

そして、最新Wi-Fi規格であるIEEE802.11acは5GHzを利用します。
ですので、通信速度や通信エリアの広さに関して言えば、5GHzのWi-Fiを利用した方が高パフォーマンスになります。

Wi-Fiテザリング

また、Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)の特徴の1つなのですが、2.4GHzと5GHzのWi-Fiを同時利用する事が出来ます。
ですから、他のWiMAX端末のように、5GHzに対応していない機器が混ざっているから、2.4GHzのWi-Fi設定で通信を行うなどと言う事を気にしなくても大丈夫です。

5GHzに対応している機器に対しては5GHzを。
そして、5GHzに非対応の機器に対しては2.4GHzを使って通信を行う事が出来ます。

Wi-Fi

つまり、各機器に応じて最大のパフォーマンスで通信を行う事が出来るのが、Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)の魅力の1つと言えます。

Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)はWi-Fi接続が簡単!

ご紹介しているSpeed Wi-Fi HOME L01(HWS31)のWi-Fi機能ですが、利用する際にはWi-Fiの接続設定を行う必要があります。

経験ある方も少なくないと思いますが、Wi-Fiの接続設定は意外と面倒です。
該当するSSIDを探して、半角英数字がランダムに混ざっているパスワードを手入力しなければなりません。

ワイヤレスネットワークのアイコンをクリック

パソコンからパスワードを入力する分には良いのですが、スマートフォンやタブレットだと非常に厄介です。
と言うのも、英字と数字が入れ替わる度、わざわざ入力モードを切り換える手間が出て来るからです。

これが非常に手間で、実際にやってみると段々とイライラして来ます。

パスワードの手入力にイライラ

そんなストレスを感じなくても良いように、Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)には3種類の簡単Wi-Fi接続機能が搭載されています。

  • 簡単接続WPS
  • NFCタグ機能
  • QRコード

この中からあなたの使いやすい方法を選んで、ワンタッチでWi-Fi接続をする事が出来ます。
これまでイライラしながらパスワードを手入力していたのは何だったのかとビックリするほど、あっと言う間にWi-Fi接続をする事が出来ます

Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)は高速通信に対応

Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)には4x4MIMO CAと言う通信技術が搭載されています。
ですから、下り最大通信速度440Mbpsと言う超高速通信に対応し、光回線のような使用感で通信を行う事が出来ます。

4x4MIMO CA

4×4MIMOとは、Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)に内蔵されている4本のアンテナとWiMAXの基地局に設置されている4本のアンテナを使用して通信を行う技術の事です。
複数のアンテナで同時通信を行う事で、通信速度を従来の2倍に加速化する事が出来ます。

一方、CAとはキャリアアグリゲーションの事で、複数の通信帯域を束ねて利用する技術の事を指します。
複数分の通信帯域を一度に利用する事で、通信速度を高速化する事が出来ます。

Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)の通信速度を高速化する為の技術は、下り通信に対してだけ搭載されている訳ではありません。
Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)の上り通信に対しては、64QAM変調方式と言うデジタル変調方式とキャリアアグリゲーションが採用されています。

64QAM変調方式は、16QAMよりも情報密度の高い状態で通信を行う通信方式になります。
そして、キャリアアグリゲーションは前述した通りで、複数の通信帯域を束ねて利用する通信技術になります。

上り回線のキャリアアグリゲーション

その結果、Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)の上り最大通信速度は30Mbpsになります。

Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)は広大な通信エリアに対応

ご紹介しているSpeed Wi-Fi HOME L01(HWS31)は、Huawei製のWiMAX端末になります。
ですから、従来のHuawei製のWiMAX端末と同様にハイスピードプラスエリアモードが搭載されています。

ハイスピードプラスエリアモードとは、人口カバー率99%の広大な通信エリアに対応したau 4G LTEを利用して通信を行う通信モードになります。
しかも、au 4G LTEは800MHzと言う低周波数帯を利用したプラチナバンドですので、奥まった場所でも電波が届きやすいと言う特性も持っています。
そう言う理由から、ハイスピードプラスエリアモードは様々な場所で繋がりやすい通信モードとなっています。

また、Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)はWiMAX 2+とau 4G LTEの通信帯域を束ねる3波キャリアアグリゲーションを搭載しています。
ですので、ハイスピードプラスエリアモードを利用時は下り最大通信速度370Mbpsの高速通信を行う事も可能です。

So-net モバイル WiMAX 2+はインターネット初心者にこそお勧め!?

ご紹介しているSpeed Wi-Fi HOME L01(HWS31)の取り扱いを開始したSo-net モバイル WiMAX 2+ですが、インターネット初心者にこそお勧めのWiMAX取扱店として評判です。
と言うのも、So-net モバイル WiMAX 2+はインターネット初心者に嬉しい有料オプションが、最大12ヵ月も無料で利用出来る仕組みとなっているからです。

インターネット初心者に安心のサービス

So-net モバイル WiMAX 2+のキャンペーン特典によって無料対象となっているサービスは、以下の3種類になります。

カスペルスキー セキュリティ
Windows・Mac・Android対応端末に対して、自由な組み合わせで5台までインストールする事の出来るセキュリティソフト
So-net 安心サポート
インターネットやパソコン周辺機器に関する疑問に対して、専門のオペレーターが遠隔操作等で対応してくれるサポートサービス
So-net くらしのお守りワイド
水回り・鍵・窓ガラスに対して専門業者が応急処置を行うサービスに、インターネット接続機器の水濡れや破損に対する保険も加えられているサービス。

ここでポイントとなるのが、本来は有料のオプションであると言う部分です。
元々無料のサービスではなく、有料のサービスが無料で利用出来ます
ですから、料金が発生するレベルの手厚い内容のサービスが利用出来ます。

セキュリティソフト

そして、それが約1年間も無料で利用出来ます
そして、無料期間が終了する頃には、あなたはインターネット初心者ではなくなっている事でしょう。
インターネットに慣れるまでしっかりと利用出来る部分こそが、このSo-net モバイル WiMAX 2+のキャンペーンの良い部分と言えます。

ちなみに、有料級のオプションサービスが約1年間も無料で利用出来るキャンペーンを行っているのは、全WiMAX取扱店の中でもSo-net モバイル WiMAX 2+だけです。
だからこそ、インターネット初心者はSo-net モバイル WiMAX 2+を利用した方が良いのです。

So-net モバイル WiMAX 2+の安心感

So-net モバイル WiMAX 2+であれば、インターネットについてほとんど知識がないと言う方でも、安心してインターネットを始める事が出来ます
本来は対価を支払っている有料のサービスですから、遠慮なく利用する事が出来ます

右も左も分からない状態でセキュリティソフトを選んだり、訳が分からない状態でインターネット上のトラブルを自分で解決するのは大変です。
それよりも、こう言ったサービスがきちんと用意されていますから、どうせなら有効活用してしまいましょう

↓So-net モバイル WiMAX 2+の詳細情報はこちら↓
矢印So-net モバイル WiMAX 2+

So-net モバイル WiMAX 2+の魅力は他にも!

So-net モバイル WiMAX 2+で実施中の2種類のキャンペーン
So-net モバイル WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーン

ご紹介しているSo-net モバイル WiMAX 2+ですが、申し込む際には2種類のキャンペーンの中から1つを選択して利用する形になります。
その中でも、金銭的メリットで選ぶならキャッシュバックキャンペーンがお勧めです。

キャッシュバックキャンペーン

So-net モバイル WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンに申し込むと、申し込みから11ヵ月後の15日にソネット de 受取サービスから案内メールが届きます
案内メール送信日から45日以内に、専用のWebサイトで銀行口座の登録手続きを行います。
すると、登録した銀行口座へ20,000円が入金されます。

そんなSo-net モバイル WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンですが、料金プランは以下の2種類となっています。

So-net モバイル WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーン
ご利用期間 Flat ツープラス auスマホ割 (2年)プラン Flat ツープラス auスマホ割 (2年) ギガ放題プラン
ご利用開始月 200円
1~2ヵ月目 3,695円 3,695円
3~24ヵ月目 4,180円
25ヵ月目~ 4,379円
So-net モバイル WiMAX 2+の月額大幅割引キャンペーン

So-net モバイル WiMAX 2+で利用出来るもう1つのキャンペーンが、月額大幅割引キャンペーンになります。
こちらは、金銭的メリットではキャッシュバックキャンペーンに劣るものの、手続き不要で確実に安くなると言うメリットがあります。

月額料金が安くなる

キャッシュバックキャンペーンの場合、案内メール送信日から45日以内に手続きを行わなければ貰えなくなってしまうと言うリスクがあります。
ですが、月額大幅割引キャンペーンにはそう言うリスクがありませんので、ただWiMAXサービスを利用する事だけに集中すれば良いです。

そんなSo-net モバイル WiMAX 2+の月額大幅割引キャンペーンですが、用意されている料金プランは1種類になります。

So-net モバイル WiMAX 2+の月額大幅割引キャンペーン
ご利用期間 Flat ツープラス auスマホ割 (2年) ギガ放題プラン
ご利用開始月 200円
1~2ヵ月目 1,180円
3~24ヵ月目 3,680円
25ヵ月目~ 4,379円
So-net モバイル WiMAX 2+ならSpeed Wi-Fi HOME L01(HWS31)がお得に手に入る

So-net モバイル WiMAX 2+で取り扱い開始となったSpeed Wi-Fi HOME L01(HWS31)ですが、通常価格では20,000円もします。
Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)の性能を考えれば当然と言えば当然な訳ですが、ただ、WiMAXサービスを導入する際にこれだけの金額を支払うと言うのは、結構な負担額となります

WiMAX端末代が負担

そんな中、So-net モバイル WiMAX 2+であれば、Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)の購入価格が0円になるキャンペーン特典を用意しています。
しかも、Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)の送料まで無料になります。

ですから、So-net モバイル WiMAX 2+であれば、WiMAXサービス導入の際の負担額を大幅に節約する事が出来ます。
せっかくのキャンペーン特典ですから、有効活用したいところです。

So-net モバイル WiMAX 2+はauスマートバリューmineに対応

ご紹介しているSo-net モバイル WiMAX 2+ですが、auユーザーであれば、更にお得にサービスを利用する事が出来ます。
と言うのも、So-net モバイル WiMAX 2+の料金プランはauスマートバリューmineに対応しているからです。

auスマートバリューmine

auスマートバリューmineを利用するには、auショップで手続きを行うか、KDDIお客さまセンターに電話を掛けて手続きを行う必要があります。
そうする事で、auで契約中のスマートフォンや携帯電話の月額料金が500~934円割引きされます。

ちなみに、割引き額はauで契約中の料金プランに応じて変動します。
また、割引きはずっと継続されますので、お得感の非常に大きなキャンペーン特典となります。

割引きが継続される

そして更に、auスマートバリューmineを利用している方は、WiMAXサービスもお得になります
と言うのも、ハイスピードプラスエリアモードを利用した際に発生する月額1,005円のLTEオプション利用料が無料になるキャンペーン特典も付いて来るからです。

So-net モバイル WiMAX 2+のキャンペーン期間に要注意

ご紹介して来たSo-net モバイル WiMAX 2+の各キャンペーン特典ですが、キャンペーン期間が決められています。
今回ご紹介したキャンペーン特典の場合、2017年の2月1日から2月28日までが実施期間となっています。

カレンダー

キャンペーン期間を過ぎると、キャンペーン内容は大きく変わってしまう事があります
ですから、ご紹介したキャンペーン内容が気になる方は、お早めの申し込み手続きをお勧めします。

↓So-net モバイル WiMAX 2+の申込み先はこちら↓
矢印So-net モバイル WiMAX 2+

 

タグ :   

モバイルルーター   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。