uq wimax 3年

安いねっと言いたい日々

安いインターネットサービス情報をご紹介します。

UQ WiMAXにLTEオプション料が不要な3年契約の料金プランが登場!

 

UQ WiMAXにLTEオプション料が不要な3年契約の料金プランが登場!

「朗報!あのハイスピードプラスエリアモードを無料で利用出来る時代がもうすぐやって来る!?」

営業マンの方は、打ち合わせ先の都合上どうしても空き時間が出来てしまう事があります。
そんな時、WiMAXのサービスエリア内であれば、インターネットを利用して空き時間を有効活用する事が出来ます。
また、何か調べたい事がある時でも、サクッとインターネットを利用する事が出来ます。

このように、WiMAXサービスを利用する事によって、必要な時に必要な情報を調べたり、空き時間をエンジョイして過ごす事が出来るようになります。

WiMAXで空き時間をエンジョイ

ただし、そこがWiMAXのサービスエリア外になると大変です。
月額1,005円のLTEオプション料を支払ってハイスピードプラスエリアモードを利用するか、それとも、その1,005円の出費を惜しんで我慢するかの2択の中から選ぶ必要が出て来ます。

せめて、このLTEオプション料が無料であれば、このように1,005円の出費を巡ってあれこれ迷う必要もなくなるのに…。
そうやって、もっと気楽にハイスピードプラスエリアモードを利用する事が出来たら、どんなに楽になるか…。

WiMAXサービスエリア圏外でもインターネットを利用

実際、まだWiMAXサービスが対応していないエリアも存在します。
ですので、いざインターネットを利用する必要性がある時に、利用出来ない可能性もあります。

WiMAXサービスはインターネット環境を持ち運べるのが最大の魅力なのですが、まだ、ハイスピードプラスエリアモードに頼らなければならない現状があるのです。
私も何度かハイスピードプラスエリアモードを利用した経験がありますが、その度にLTEオプション料を請求されています

ハイスピードモードが圏外表示されてしまうなぁ、ここ。
試しに繋がるか、一度ハイスピードプラスエリアモードに切り替えてみようかな。」

LTEオプション料

そんなノリで通信モードを切り換えただけなのに、LTEオプション料の1,005円を支払った経験もあります。

このように、一度でも通信モードをハイスピードプラスエリアモードに切り換えてしまうと、その時点で月額料金が1,005円高くなってしまいます
ですので、せっかくWiMAX端末がハイスピードプラスエリアモードに対応しているのにも関わらず、一度もハイスピードプラスエリアモードに切り換えた事がないと言う方も少なくないのが現状です。

通信モード設定

せっかく便利な機能が備わっているのに、別料金を支払いたくないから使うのを我慢する…。
これが、これまでのWiMAXサービスを利用する上での利用状況でした。

UQ WiMAXにUQ Flatツープラス(3年)プランおよびUQ Flatツープラスギガ放題(3年)プランが登場

UQ WiMAXにLTEオプション料の掛からない料金プランが登場
UQ WiMAXに登場する新料金プランの特徴

ハイスピードプラスエリアモードがあってないようなインターネット環境を抜け出す事が出来るのが、今回UQ WiMAXに新たに登場する予定となっている料金プランです。
その料金プランとは、UQ Flatツープラス(3年)プランおよびUQ Flatツープラスギガ放題(3年)プランになります。

ぴったりな料金プランを選択

これらの料金プランに申し込む事で、契約期間の縛りは3年間に延びてしまいます。
その代わりに、ハイスピードプラスエリアモードを利用時に発生する月額1,005円のLTEオプション料が無料となります。

別料金だったLTEオプション料が発生しなくなりますので、これまでよりもグンとハイスピードプラスエリアモードが使いやすくなります
別料金を支払うのが嫌だからハイスピードプラスエリアモードは使った事がないと言う方でも、これなら気楽にハイスピードプラスエリアモードを利用出来るようになるでしょう。

UQ WiMAXの新料金プランを利用するメリット

ご紹介しているUQ Flatツープラス(3年)プランUQ Flatツープラスギガ放題(3年)プランですが、申し込む事で以下のようなメリットがあります。

  • 月額1,005円のLTEオプション料が無料になる。
  • 追加料金無しで、人口カバー率99%の広いエリアにて通信が利用可能な状態に。
  • 追加料金無しで、奥まった部屋や地下、山間部の谷あいでも通信可能なケースが出て来る。

UQ Flatツープラス(3年)プランとUQ Flatツープラスギガ放題(3年)プランにて無料となるLTEオプション料ですが、ハイスピードプラスエリアモードを利用時に発生するオプション料金になります。
ハイスピードプラスエリアモードとは、auの4G LTE通信を利用する通信モードになります。
つまり、WiMAX回線ではなくauの通信回線を利用する関係上、別途使用料金が発生するのです。

WiMAX端末の行う通信

その代わり、auの基地局は全国各地に存在していますから、人口カバー率99%と言う広い通信エリアに対応しています。
つまり、ハイスピードモードが圏外表示されるような場所であっても、ハイスピードプラスエリアモードなら通信可能なケースが出て来ます。

また、au 4G LTEは800MHzの低周波数の帯域を利用していて、プラチナバンドとも呼ばれています。
低周波数の帯域を利用した電波は障害物に強く、障害物にぶつかっても回り込んだり貫通する性質を持っています。
ですから、山間部や地下、奥まった部屋にまで電波が到達しやすいのです。

低周波数は障害物に強い

つまり、高周波数の帯域を利用したWiMAXの通信回線では電波が届かないような奥まった場所であっても、ハイスピードプラスエリアモードであれば通信が可能なケースも出て来ます。

そんな、利便性の高いハイスピードプラスエリアモードを無料で利用出来るようになる訳です。
従って、ハイスピードプラスエリアモードがより使いやすくなります

ハイスピードプラスエリアモードがより使いやすく

ですので、UQ Flatツープラス(3年)プランやUQ Flatツープラスギガ放題(3年)プランに申し込んだ方は、ハイスピードモードが圏外表示されるような場所も不便ではなくなります
気兼ねなくハイスピードプラスエリアモードへと通信モードを切り換える事が出来て、そのままインターネットを楽しむ事が可能です。

安心感を重視するならUQ WiMAXがお勧め

ご紹介しているUQ Flatツープラス(3年)プランとUQ Flatツープラスギガ放題(3年)プランですが、2017年の6月1日から提供開始予定です。
その際には、他のWiMAX取扱店にも導入される事が予想されます。

WiMAXサービスの新料金プランの導入時期

では、どのWiMAX取扱店から申し込んだ方が良いのかと言う話になりますが、安心感を重視するならUQ WiMAXがお勧めです。
と言うのも、UQ WiMAXはWiMAXサービス提供元であるUQコミュニケーションズが直接運営しているWiMAXサービスに当たるからです。

ですから、トラブル時の対応が1番迅速で正確です。
また、サポートセンターも1番しっかりしていて、営業時間は業界最長となっています。

しっかりしたサポートセンター

具体的には、UQ WiMAXのサポートセンターなら年中無休の9時から21時まで対応して貰えます。
ですので、仕事が休みの日は勿論の事、仕事帰りのお問い合わせでも間に合います

何かしらトラブルが起きてインターネットを利用出来ない時には、いち早く対応して貰いたいものです。
そう言う点から考えれば、年中無休で対応しているUQ WiMAXのサポートセンターは非常に安心感があります。

年中無休で対応してくれるサポートセンター

また、UQ WiMAXのサポートセンターなら、携帯電話やPHSからのお問い合わせの電話であってもフリーコールで対応して貰えます。
ですので、電話代を気にせずに、何でも気軽にお問い合わせをする事が出来ます。

それに対して、平日しか電話対応していなかったり、普通に通話代が取られるようなサポートセンターを用意しているWiMAX取扱店もあります。
それどころか、そもそも電話でのサポートに対応していないWiMAX取扱店すらもあります。

電話対応していないWiMAX取扱店

そう言う所と契約をしてしまうと、何かトラブルがあった時に非常に困ります。
ですから、安心感で考えるとUQ WiMAXがベストな選択肢になります。

↓UQ WiMAXの詳細情報はこちら↓
矢印UQ WiMAX

UQ Flatツープラス(3年)プランおよびUQ Flatツープラスギガ放題(3年)プランの詳細情報

UQ Flatツープラス(3年)プランとUQ Flatツープラスギガ放題(3年)プランの月額料金と速度制限

ご紹介して来たUQ Flatツープラス(3年)プランおよびUQ Flatツープラスギガ放題(3年)プランですが、気になるのが月額料金でしょう。
実は、UQ Flatツープラス(3年)プランとUQ Flatツープラスギガ放題(3年)プランの月額料金に関しては、これまでの2年契約のものと同じ認識で大丈夫です。

UQ WiMAXの月額料金
ご利用期間 UQ Flatツープラス(3年)プラン UQ Flatツープラスギガ放題(3年)プラン
ご利用開始月 3,696円(日割計算)
2~3ヵ月目 3,696円 3,696円
4ヵ月目~ 4,380円

そして、適用される速度制限も2年契約のものと同じ認識で大丈夫です。

UQ Flatツープラス(3年)プランに適用される速度制限
通信モード 月間のデータ利用量による速度制限 混雑回避のための速度制限
ハイスピードモード 速度制限あり
ハイスピードプラスエリアモード
UQ Flatツープラスギガ放題(3年)プランに適用される速度制限
通信モード 月間のデータ利用量による速度制限 混雑回避のための速度制限
ハイスピードモード 速度制限なし 速度制限あり
ハイスピードプラスエリアモード 速度制限あり
月間のデータ利用量による速度制限
月始めからの総通信量が7GBを超えると、月末までの通信速度を128Kbpsに制限されてしまう速度制限。
混雑回避のための速度制限
前日までの直近3日間の合計通信量が10GBを超えると、翌日の18時から翌々日の2時に掛けての通信速度を概ね1Mbpsに制限されてしまう速度制限。

つまり、UQ Flatツープラスギガ放題(3年)プランで速度制限が規制緩和されるのは、ハイスピードモードに対してのみとなります。
ハイスピードプラスエリアモードに対しては従来通りの速度制限が適用されますので、ハイスピードプラスエリアモードでの通信のし過ぎには注意しましょう。

通信のし過ぎには速度制限が…

ご紹介しているように、UQ Flatツープラス(3年)プランおよびUQ Flatツープラスギガ放題(3年)プランに申し込む事でLTEオプション料が無料になります。
ですから、ハイスピードプラスエリアモードをついつい使ってしまいがちになります。

だからと言って、速度制限のルールは今まで通りです。
従って、ずっとハイスピードプラスエリアモードのまま通信を続けるような事はしないように注意しましょう。

UQ Flatツープラス(3年)プランとUQ Flatツープラスギガ放題(3年)プランへの切り換えのタイミングは?

既にご紹介した通り、2017年の6月1日からUQ Flatツープラス(3年)プランおよびUQ Flatツープラスギガ放題(3年)プランの提供が開始されます。
それに伴い、既存の2年契約の方は無料で料金プランを乗り換える事も可能です。

料金プランを変更する

ただし、その際には乗り換えた月から契約期間が1ヵ月目としてリセットされます。
乗り換えた月から3年間の契約期間の縛りが発生しますので、その点には注意しましょう。

また、auのスマートフォンや携帯電話を契約中の方であれば、UQ Flatツープラス auスマホ割(2年)プランUQ Flatツープラス auスマホ割(4年)プランの方を選択しましょう。
こちらであれば、LTEオプション料が無料になるキャンペーン特典は元から付いて来ます
それに加えてauスマートバリューmineのキャンペーン特典も付いて来ますから、わざわざ料金プランを変更するメリットはありません。

auスマートバリューmine

ですから、UQ Flatツープラス(3年)プランやUQ Flatツープラスギガ放題(3年)プランを選択するメリットがあるのは、au以外のスマートフォンや携帯電話を利用している方と言う事になります。
これらを参考にしつつ、6月からスタートとなるUQ WiMAXの新料金プランを検討してみると良いです。

↓UQ WiMAXの申し込み先はこちら↓
矢印UQ WiMAX

 

タグ : 

モバイルルーター   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。