uq wimax 新製品

安いねっと言いたい日々

安いインターネットサービス情報をご紹介します。

必見!UQのWiMAX 2+に対応した新製品選びで失敗しない方法

 

必見!UQのWiMAX 2+に対応した新製品選びで失敗しない方法

UQのWiMAX 2+回線に対応した新製品として、Speed Wi-Fi NEXT W02Speed Wi-Fi NEXT WX02が発売されています。
Speed Wi-Fi NEXT W02とSpeed Wi-Fi NEXT WX02のどちらを選択するか、WiMAX端末の選び方で失敗しない方法をご紹介したいと思います。

Speed Wi-Fi NEXT W02とWX02の特徴とは?

キャリアアグリゲーションを搭載し、下り最大通信速度が220Mbpsと言う高速通信に対応しているSpeed Wi-Fi NEXT W01。
そんなSpeed Wi-Fi NEXT W01の後継機となるWiMAX端末として登場したのが、新製品のSpeed Wi-Fi NEXT W02です。

Speed Wi-Fi NEXT W02の特徴として挙げられる機能は、以下の通りです。

    Speed Wi-Fi NEXT W02の特徴

  • キャリアアグリゲーションを搭載し、高速通信に対応。
  • au 4G LTE通信に対応し、より広いエリアでの通信が可能。
  • 最新Wi-Fi規格となるIEEE802.11ac/5GHz帯に対応。
  • 電池残量が4割を切るとキャリアアグリゲーションの使用を自動的に停止するノーマル設定を搭載。
  • 日次での通信量表示に対応。
  • スマートフォンアプリからのリモート操作に対応。

4×4MIMOを搭載し、下り最大通信速度が220Mbpsと言う高速通信に対応しているSpeed Wi-Fi NEXT WX01。
そんなSpeed Wi-Fi NEXT WX01の後継機となるWiMAX端末として登場したのが、新製品のSpeed Wi-Fi NEXT WX02です。

Speed Wi-Fi NEXT WX02の特徴として挙げられる機能は、以下の通りです。

    Speed Wi-Fi NEXT WX02の特徴

  • 4×4MIMOを搭載し、高速通信に対応。
  • Bluetoothテザリングに対応し、消費電力を抑えた状態での通信が可能。
  • 最新Wi-Fi規格となるIEEE802.11ac/5GHz帯に対応。
  • 電池残量が少なくなり、無通信状態が継続すると通信を4×4MIMOから2×2MIMOへと自動的に切り変えるバランスモードを搭載。
  • 日次での通信量表示に対応。
  • スマートフォンアプリからのリモート操作に対応。

Speed Wi-Fi NEXT W02とSpeed Wi-Fi NEXT WX02。
どちらも魅力的な機能を搭載したWiMAX端末ですから、どちらを選ぶか迷ってしまいがちです。

その際に決め手となるのが、Speed Wi-Fi NEXT W02のau 4G LTE通信機能とSpeed Wi-Fi NEXT WX02のBluetoothテザリング機能です。
au 4G LTE通信は広いエリアでの通信に対応していますし、Bluetoothテザリングは省エネでの通信に対応しています。

つまり、色々な場所での通信を行いたい方にお勧めなのがSpeed Wi-Fi NEXT W02と言う事になります。
一方、長時間での通信を重要視する方にお勧めなのがSpeed Wi-Fi NEXT WX02と言う事になります。

いずれのWiMAX端末にせよ、下記UQ WiMAXのサイトから購入する事が出来ます。
より詳細な情報に関しては、UQ WiMAXのサイトをご覧下さい。

>>UQのWiMAX 2+回線対応の新製品に関する詳細情報はこちら

Speed Wi-Fi NEXT W02の対応している通信エリアって?

ご紹介したように、新製品のSpeed Wi-Fi NEXT W02は広い通信エリアをカバーしている点が特徴のWiMAX端末です。
その秘密は、au 4G LTE通信に対応している点にあります。

WiMAX端末の新製品が対応している通信回線
WiMAXの機種 WiMAX WiMAX 2+ au 4G LTE
Speed Wi-Fi NEXT W02 ×
Speed Wi-Fi NEXT WX02 ×

ちなみに、各通信回線の特徴は、以下の通りです。

WiMAX
下り最大通信速度は13.3Mbpsだが、速度制限なしの状態で通信が行える。
WiMAX 2+
下り最大通信速度が220Mbpsも出る点が特徴の通信回線。
au 4G LTE
広大な通信エリアをカバーしている点が特徴の通信回線。下り最大通信速度は75Mbps。

そして、WiMAX端末に搭載されている通信モードを切り変える事で、各通信回線を使い分ける事が出来ます。

ノーリミットモード
WiMAX回線のみを使用する通信モード。速度制限がないのが特徴。
ハイスピードモード
基本はWiMAX 2+回線で、受信状況が悪い場合はWiMAX回線を使用する通信モード。状況によっては、速度制限の対象に。
ハイスピードプラスエリアモード
基本はWiMAX 2+回線で、受信状況が悪い場合はau 4G LTE回線を使用する通信モード。有料の通信回線で、速度制限も厳し目。
WiMAX端末の新製品が使用可能な通信モード
WiMAXの機種 ノーリミットモード ハイスピードモード ハイスピードプラスエリアモード
Speed Wi-Fi NEXT W02 ×
Speed Wi-Fi NEXT WX02 × ×

au 4G LTEの実際の通信エリアの広さは、サービスエリアマップで確認する事が出来ます。

このように、au 4G LTEに対応しているSpeed Wi-Fi NEXT W02は、広いエリアでの通信が可能です。

ただし、ハイスピードプラスエリアモードを一度でも使用すると、その月の月額料金は1,005円高額になります。
また、ハイスピードプラスエリアモードは月間データ量による速度制限や混雑回避の為の速度制限の対象となります。
ですから、使用し過ぎには気を付ける必要があります。

UQ WiMAXに適用される速度制限
速度制限の種類 適用条件 速度制限後
月間データ量による速度制限 月の総通信量が7GBを超過する。 月末までの通信速度を128Kbpsに制限。
混雑回避の為の速度制限 3日間の合計通信量が3GBを超過する。 24時間の通信速度を128Kbpsに制限。

Speed Wi-Fi NEXT WX02の連続通信時間って?

ご紹介したように、新製品のSpeed Wi-Fi NEXT WX02は省エネでの通信に対応している点が特徴のWiMAX端末です。
その秘密は、Bluetoothテザリングに対応している点にあります。

WiMAX端末の新製品が対応しているテザリング
WiMAXの機種 Wi-Fi Bluetooth
Speed Wi-Fi NEXT W02 ×
Speed Wi-Fi NEXT WX02

実際、どれだけ連続通信時間に違いがあるのか、比較してみましょう。

SPEED Wi-Fi NEXT W02とSPEED Wi-Fi NEXT WX02の連続通信時間
WiMAX端末の機種 通信設定 Wi-Fi Bluetooth
WiMAX 2+ au 4G LTE WiMAX 2+
SPEED Wi-Fi NEXT W02 ハイパフォーマンス 約390分 約440分
ノーマル 約420分 約440分
バッテリーセーブ 約510分 約470分
SPEED Wi-Fi NEXT WX02 ハイパフォーマンスモード 約440分 約540分
バランスモード 約490分 約630分
エコモード 約600分 約720分

ちなみに、各通信設定の違いは以下の通りです。

ハイパフォーマンス
キャリアアグリゲーションを常に使用し、下り最大通信速度が220Mbps出る通信設定。
ノーマル
基本的にはキャリアアグリゲーションを使用し、バッテリー残量が4割を切ると自動的にキャリアアグリゲーションの使用を停止する通信設定。
バッテリーセーブ
キャリアアグリゲーションを使用せず、バッテリーを長持ちさせる通信設定。設定時の下り最大通信速度は110Mbps。
ハイパフォーマンスモード
4×4MIMOを常に使用し、下り最大通信速度が220Mbps出る通信設定。
バランスモード
基本的には4×4MIMOを使用するものの、バッテリー残量が少なくなり、無通信状態が継続すると自動的に2×2MIMOに切り替わる通信設定。
エコモード
4×4MIMOを使用せず、常に2×2MIMOを使用する事でバッテリーを長持ちさせる通信設定。設定時の下り最大通信速度は110Mbps。

このように、Bluetoothテザリングに対応しているSpeed Wi-Fi NEXT WX02は、最長720分もの長時間通信が可能です。

ただし、Bluetoothテザリングを使用時の最大同時接続数はWi-Fi使用時よりも少ないです。

各通信方法ごとの最大同時接続数
通信方法 最大同時接続数
Wi-Fiテザリング 10台
Bluetoothテザリング 3台
USB通信 1台
クレードル接続時のLANケーブル通信 1台

ですので、同時に無線通信する機器の数が4台以上の場合は、Bluetoothテザリングを使用する事が出来ません。
その点に注意しましょう。

ご紹介して来たSpeed Wi-Fi NEXT W02とSpeed Wi-Fi NEXT WX02ですが、通常価格で20,000円します。
クレードルセットの場合は、22,750円もしてしまいます。

ですが、UQ WiMAXでWiMAX 2+回線の契約を行なうと、通常価格よりも大幅に割引きされた価格でWiMAX端末の新製品を購入する事が出来ます。
折角のキャンペーン特典ですから、有効活用しましょう。

↓UQ WiMAXの申し込みはこちらから↓
UQ WiMAX

UQ WiMAXの速度制限ってどうなの?

モバイルインターネットサービスと言うと、気になるのが速度制限です。
どれだけ下り最大通信速度が速くても、速度制限が厳しいのでは意味がありません。

では、UQ WiMAXの速度制限はどうなのかと言うと、そこまで厳しくはないです。
UQ Flat ツープラスギガ放題プランと言う料金プランがあるのですが、それに申し込む事で、ある程度余裕を持った通信量を利用する事が出来ます。

なぜならば、UQ Flat ツープラスギガ放題プランに申し込む事で、ハイスピードモードを使用時の速度制限の規制が緩くなるからです。

ハイスピードモードを使用時の速度制限
契約プラン 月間データ量による速度制限 混雑回避の為の速度制限
適用条件 速度制限後 適用条件 速度制限後
UQ Flat ツープラスギガ放題 適用外。 変化なし。 3日間の合計通信量が3GBを超過する。 24時間通信速度が落ちるものの、通常使用上問題のない程度
UQ Flatツープラス 月の総通信量が7GBを超過する。 月末までの通信速度を128Kbpsに制限。 3日間の合計通信量が3GBを超過する。 24時間の通信速度を128Kbpsに制限。
他社モバイルインターネット 月の総通信量が7GBを超過する。 月末までの通信速度を128Kbpsに制限。 3日間の合計通信量が1GBを超過する。 24時間の通信速度を128Kbpsに制限。

UQ Flat ツープラスギガ放題プランに申し込む事で、ハイスピードモードを使用時は7G制限と呼ばれている月間データ量による速度制限がありません。
また、混雑回避の為の速度制限に掛かってしまった場合であっても、通常使用上問題のない程度の通信速度は維持されます。

実際、速度制限時に二台のパソコンで動画を再生した場合であっても、問題なく動画を視聴する事が出来ています。
ですので、速度制限の辛さを感じるほど厳しい制限は掛けられていません。

au 4G LTEって実際どうなの?

ご紹介したように、SPEED Wi-Fi NEXT W02はau 4G LTE回線に対応しています。
ですが、au 4G LTEを使用するハイスピードプラスエリアモードは有料回線ですので、使用に躊躇してしまう部分があるのも確かな所です。

では、SPEED Wi-Fi NEXT W02は選択肢としてなしなのかと言うと、そう言う訳でもありません。
ハイスピードプラスエリアモードは有料回線ではありますが、私自身、ハイスピードプラスエリアモードを使用する頻度は少なくないです。

と言うのも、田舎や山奥に行くと、WiMAX 2+の電波を受信出来ないと言う場面は意外とあるものです。
そう言った場所でインターネットを行なう必要がある場合に、au 4G LTE回線に対応しているSPEED Wi-Fi NEXT W02は重宝出来ます。

ご紹介して来たように、WiMAX端末の新製品は年々高性能化しています。
利便性の増したWiMAX端末の新製品を手に入れて、インターネット環境を持ち運ぶと言う状況を体感なさってみて下さい。

↓WiMAX端末の新製品の購入はこちらから↓
UQ WiMAX

WiMAX端末の新製品、購入先としてお勧めなのは?

ご紹介した通り、UQ WiMAXでWiMAX 2+回線の契約を行なうと、通常価格よりも大幅に割引きされた価格でWiMAX端末の新製品を購入する事が出来ます。
当然ながら、今回ご紹介したSPEED Wi-Fi NEXT W02やSPEED Wi-Fi NEXT WX02も対象となっています。

そんなUQ WiMAXですが、以下の特徴を持っていると言う点で、口コミサイトでも評判のWiMAX 2+の契約先でもあります。

    UQ WiMAXでWiMAX 2+の契約を行なうメリット

  • WiMAX端末の新製品が格安価格で購入出来る
  • 最初の3ヵ月間は、UQ Flatツープラスプランの料金でUQ Flat ツープラスギガ放題プランを利用する事が出来る
  • 間にプロバイダを介さない分、サポートの対応が早い
  • WiMAXサービスの提供元と言う事で、サポート対応が的確
  • WiMAXサービスの提供先の中でも、サポートセンターの営業時間が最も長い
  • 全国のWi-Fiスポットを利用出来るサービスであるUQ Wi-Fiプレミアムが無料
  • auのスマートフォンや携帯電話の月額料金が最大934円割引きされるauスマートバリューmineに対応

この中でも、特に着目すべきがサポート体制です。
UQ WiMAXのサポートセンターの営業時間は、年中無休で9時から21時まで対応しています。
一方、Racoupon WiMAXのように平日の10時から18時までしかお問い合せ対応していないWiMAXのプロバイダもあります。

WiMAXサービスの契約期間は25ヵ月間契約の自動更新型です。
そんな長期に渡る契約期間中、平日の定時しかサポートセンターを利用出来ないと言うのは、不安感が残ります。

お問い合せ出来る時間が短いと、その分、お問い合せ時間にお問い合せ客が殺到してしまいます。
その結果、お問い合せの電話がなかなか繋がらないと言う事態が起こりやすくなってしまいます。

そう言う点を踏まえると、サポート体制がしっかりしているUQ WiMAXが最も安心出来ると言えます。

UQ WiMAXでお得なキャンペーンを実施中!

そんなUQ WiMAXですが、今なら、商品券が貰えるキャッシュバックキャンペーンを実施しています。
貰える商品券ですが、3,000円分のJCBギフトカードとなっています。

ややこしい手続きはなく、契約翌月末までには郵送されて来ます。
ですので、早く確実に貰えるキャッシュバックと言う事で、とても人気のあるキャンペーン特典となっています。

折角UQ WiMAXと契約を行なうのであれば、商品券が貰えるキャンペーン期間中を利用しましょう。

また、キャンペーン利用の条件としては、下記キャンペーンサイトからの申し込みが必要となります。
その点に気を付けて、確実に商品券を受け取りましょう。

↓UQ WiMAXのキャンペーンサイトはこちら↓
UQ WiMAX

 

タグ :

モバイルルーター   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。