wimax 解約

安いねっと言いたい日々

安いインターネットサービス情報をご紹介します。

WiMAXの解約手続きとお勧めな乗り換え先のGMOとくとくBB WiMAX 2+

 

WiMAXの解約手続きとお勧めな乗り換え先のGMOとくとくBB WiMAX 2+

「WiMAXサービスって、2年ごとに解約して乗り換えた方がお得だと聞いたんだけど。
乗り換え先のWiMAX取扱店としてお勧めなところはどこになるの?」

WiMAXサービスとの契約は、基本的に自動更新型になっています。
ですから、1ヵ月ある契約更新月内で解約手続きを行わなかった場合には、2年契約なら2年間、3年契約なら3年間、4年契約なら4年間と言った形で自動的に同内容での再契約が行われます。

もし、契約更新月内でWiMAXサービスの解約手続きを行った場合には、無料で解約を行えます。
ただし、それ以外の期間での解約手続きに対しては、契約解除料と言う形で違約金を支払わねばならなくなってしまいます。

契約解除料を支払わされる

なぜ、解約手続きの際にお金を支払わされなければならないのかが分からないと言う方もいますが、実は、WiMAXサービスの契約には契約期間の縛りがあるのです。
その代わり、以下のような形で契約期間の長さに沿った優遇措置を受ける事が出来ているのです。

WiMAXサービスの契約期間と特典
特典 2年 3年 4年
月額料金が500円割引き
月額1,005円のLTEオプション料が無料 ×
ギガ放題プランの月額684円が免除 ×
auの月額料金が500~934円割引き ×

このような優遇措置を利用しておいて契約期間の約束を破る訳ですから、そのペナルティとして契約解除料が発生すると言う訳です。

契約解除料が発生する

気になる契約解除料ですが、契約を行うWiMAX取扱店のキャンペーン内容ごとに変わって来ます
ちなみに、標準的な契約解除料だと、以下の料金になります。

WiMAXサービスの標準的な契約解除料
ご利用期間 契約解除料
1年目 19,000円
2年目 14,000円
3年目~ 9,500円

ただし、キャンペーン内容が豪華になっているWiMAX取扱店だと、契約解除料は高額に設定されている事が多いです。
と言うのも、キャンペーン特典だけ貰って解約…と言うユーザーが出て来るのを未然に防ぐ為の措置だと思われます。

キャンペーンだけ貰って解約

もし、契約更新月で解約手続きを行わなかった場合には、契約期間が自動的に延長されます。
これは、ユーザーが更新手続きをうっかり忘れ、突然インターネットが利用出来なくなるリスクを抑える為の措置でしょう。

ただ、同内容での再契約となると、今使っているWiMAX端末が古くなってしまうのではと心配する方もいます。
ですが、契約更新の度に新しいWiMAX端末を無料で貰えます

ですから、型落ちのWiMAX端末を長く使わなければならなくなると言う心配は不要です。
ですが、クレードルやACアダプタなどは別売り扱いとなり、キャッシュバックなどのキャンペーン特典も用意されていません

ですので、基本的には最初の契約更新月でWiMAXサービスを解約して、そのまま別のWiMAX取扱店乗り換えた方がお得です。
その方が、乗り換え先のWiMAX取扱店のキャンペーン特典が貰える分だけ、お得になります。

キャンペーン特典が付いて来る

そこで気になって来るのが、乗り換え先のWiMAX取扱店はどこがお得なのかと言う部分です。
この部分について、もう少し詳しくご紹介します。

もうすぐ契約更新月が来るので、今よりお得なWiMAX取扱店に乗り換えたいと思っているところ。
出来れば、最もお得なWiMAX取扱店に乗り換えたいと思っている…などと言う方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

解約手続き

もし、そのまま同じWiMAX取扱店の契約を続けても、新しいWiMAX端末が貰えるだけです。
ですから、長く契約を続けてくれているお客さんよりも、新規で契約するお客さんの方が魅力的なキャンペーン特典を貰えていると言うのが、現状のWiMAX業界になります。

この部分に違和感を感じる方もいるでしょうが、そう言う仕組みとなっている現状に合わせるしかありません。
ですので、契約更新月のタイミングで現在契約中のWiMAX取扱店からは離れ、最もお得なキャンペーン特典の付いて来るWiMAX取扱店に乗り換えるようにしましょう。

契約中のWiMAXサービス解約後に契約したいWiMAX取扱店

解約手続き後の乗り換え先として最もお得感のあるGMOとくとくBB WiMAX 2+
WiMAXサービスの解約後に乗り換えたいGMOとくとくBB WiMAX 2+の特徴

WiMAXサービスの乗り換え先としてお勧めなのが、GMOとくとくBB WiMAX 2+です。
その理由ですが、最も金銭的メリットが大きなキャンペーンを実施しているWiMAX取扱店だからです。

金銭的メリットの大きなキャンペーン

そんなGMOとくとくBB WiMAX 2+の主な特徴は、以下の3点となります。

  • 業界最高額の現金キャッシュバックキャンペーンを行っているので、結果的に安くWiMAXサービスを利用出来る。
  • 最新WiMAX端末のクレードルセットが無料で貰えるので、その分だけ初期費用を節約する事が出来る。
  • 20日間のキャンセル保証制度が付いて来るので、万が一思ったようなインターネット環境が手に入らなかった場合のリスクを抑える事が出来る。

つまり、業界最高額の現金キャッシュバックやWiMAX端末のクレードルセットが貰える、最も金銭的メリットの大きなWiMAX取扱店がGMOとくとくBB WiMAX 2+になります。
それだけお得感が大きいですから、乗り換え先のWiMAX取扱店としては最適なのです。

金銭的メリット

また、GMOとくとくBB WiMAX 2+は最新WiMAX端末のクレードルセットが貰える唯一のWiMAX取扱店でもあります。
ですので、この部分だけでも22,750~23,565円分の金銭的メリットがあります。

一応、WiMAXサービスを自動更新する事でもWiMAX端末は貰えますが、クレードルが付いて来ません
ちなみに、クレードル代のみで言えば2,750~3,565円分のお得感になります。

Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)のクレードルセット

このように、WiMAX取扱店をGMOとくとくBB WiMAX 2+に乗り換える事で、金銭的メリットが今よりも高くなります
ですから、その分お財布にも優しくなります

それでいて、同じWiMAXサービスを利用する事になります。
ですから、通信環境は変わりません

WiMAX端末の行う通信

同じ通信環境なのに、お財布には優しくなる。
その分、通信費の支払いに不安を感じるリスクを抑えつつ、安心してWiMAXサービスを利用し続ける事が出来るようになります。

GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバック額は業界最高額?

ここで気になって来るのが、本当にGMOとくとくBB WiMAX 2+は最も金銭的メリットが大きいWiMAX取扱店なのかどうかと言う部分です。
そこで、各WiMAX取扱店で実施中のキャッシュバックキャンペーンのキャッシュバック額を比較してみましょう。

WiMAX取扱店のキャッシュバック額比較
WiMAX取扱店 貰えるキャッシュバック額(最高額)
GMOとくとくBB WiMAX 2+ 32,000円
DTI WiMAX 2+ 29,000円
3WiMAX 28,000円
PEPABO WiMAX 23,500円
@nifty WiMAX 20,100円
So-net モバイル WiMAX 2+ 20,000円
BIGLOBE WiMAX 2+ 20,000円
novas WiMAX 10,000円
株式会社シナジーパートナーズ 10,000円
UQ WiMAX 3,000円(※JCBギフトカード)

このように、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックが業界最高額となっています。
しかも、ただの業界最高額ではなく、2番目に高額なキャッシュバックキャンペーンに3,000円分の差額を付けた状態での業界最高額となっています。

業界最高額のキャッシュバック

そう、申し込み先をきちんと選ぶだけで、これだけお得感が違って来る訳です。
だからこそ、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンを有効活用したいところです。

GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバック額は条件で変動する?

ご紹介しているGMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンですが、1点注意点があります。
それは、契約時に申し込むWiMAX端末の機種やクレードルの有無によって、キャッシュバック額が変動すると言う部分です。

条件によってキャッシュバック額が変わる

具体的なGMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバック額の詳細は、以下の通りです。

GMOとくとくBB WiMAX 2+で貰えるキャッシュバック額
WiMAX端末の機種 キャッシュバック額 クレードルセット時
Speed Wi-Fi NEXT W02(HWD33) 32,000円
Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34) 31,000円
Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35) 28,200円
Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33) 29,500円 26,000円
novas Home+CA 28,500円
Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31) 26,800円

このように、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンを利用する際にはキャッシュバック額が条件によって変わって来ます
ですから、利用するWiMAX端末の機種やクレードルの必要性、キャッシュバック額を考慮した上で、あなたの納得の行く条件で申し込み手続きを行いたいものです。

申し込み手続きは納得の行く形で

ちなみに、クレードルとはWiMAX端末専用の充電台の事を指します。
WiMAX端末を充電出来るのは勿論の事、有線通信に対応出来るようになったり、アンテナが内蔵されているタイプのものもあります。

このように、クレードルがある事によって、WiMAX端末の利便性は更に増す形になります。
ですから、キャッシュバック額は下がってしまうものの、個人的にはクレードルセットの方をお勧めします。

↓GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンはこちら↓
矢印GMOとくとくBB WiMAX 2+

GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャンペーンを利用する際の注意点

GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックを受け取る為の手順

ご紹介して来たGMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンですが、利用するには定められている手続きを経る必要があります。
その手順ですが、以下の通りになります。

  1. GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンサイトから、申し込み手続きを行う。
  2. GMOとくとくBBへの入会手続きを行い、希望メールアドレス欄で任意のGMO基本メールアドレスを指定する。
  3. WiMAX端末が発送された月を含めた11ヵ月目、GMO基本メールアドレス宛てでGMOとくとくBBからのお知らせと言う件名のメールが届く。
  4. メール送信月を含めた翌月末日までに、GMOとくとくBBからのお知らせメール内に書かれているURLへアクセスする。
  5. アクセスした先のメールフォーム内に、あなたの契約している銀行口座情報を登録する。
  6. 銀行口座情報を登録した翌月最終営業日、登録した銀行口座宛てでキャッシュバックが振り込まれる

ご紹介しているGMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンですが、過去にGMOとくとくBBでサービスを利用した事がある方は対象外になります。
ですので、該当する方はキャッシュバックを貰う事が出来ません

キャッシュバックの対象外に

そう言う方にお勧めなのが、GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額割引キャンペーンとなります。
月額割引キャンペーンのお得感はキャッシュバックキャンペーンに劣るものの、過去にGMOとくとくBBの会員だった方でも利用出来るキャンペーンとなります。

ですから、最初にGMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンを利用した後にGMOとくとくBB WiMAX 2+の月額割引キャンペーンへ乗り換えると言う方法もありです。

↓GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額割引キャンペーンはこちら↓
矢印GMOとくとくBB WiMAX 2+

GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャンペーン期間に要注意

これまでご紹介して来たGMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンですが、予めキャンペーン期間が決まっています。
具体的には、2017年5月31日まで実施されているキャンペーンになります。

キャンペーン期間

そして、このキャンペーン期間を過ぎてしまうと、ご紹介したキャッシュバック額は貰えなくなってしまいます
それでは非常に勿体ないですから、キャンペーン期間中のお早めの申し込み手続きをお勧めします。

↓GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンのサイトはこちら↓
矢印GMOとくとくBB WiMAX 2+

 

タグ :   

モバイルルーター   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。