wimax ノー リミット モード

安いねっと言いたい日々

安いインターネットサービス情報をご紹介します。

期間限定?WiMAXサービスのノーリミットモードを利用する方法は?

 

期間限定?WiMAXサービスのノーリミットモードを利用する方法は?

モバイルインターネットサービスには付き物の速度制限
特に多いのが、7G制限と呼ばれている速度制限で、月末になるとロクにインターネットを利用出来なくなると言う方は少なくないです。

そんな、速度制限でイライラしたくないと言う気持ちに対応しているのが、WiMAXサービスの中にあるノーリミットモードと言う通信モードになります。
ノーリミットモードは、現在、速度制限のない唯一のモバイルインターネットサービスの通信モードになります。

そんなノーリミットモードに対応しているWiMAX端末を利用する事で、速度制限の悩みからは解放されます。
好きな場所にインターネット環境を持ち運べる上に、使いたい放題インターネットを利用出来る…最高のインターネット環境ですよね。

インターネット環境を外に持ち出す

ただ、非常に残念な事に、新しくラインナップされるWiMAX端末はノーリミットモードが搭載されていないものばかりになりました。
ハイスピードモードに関しても、WiMAX通信には非対応になっているものばかりになりました。

この背景としては、WiMAX通信に対応する通信エリアよりもWiMAX 2+通信に対応する通信エリアの方が広くなった事が影響しているものと思われます。
と言うのも、ハイスピードモードと言うのは、WiMAX 2+通信が圏外表示される場所において、WiMAX通信を利用すると言う通信モードになります。
WiMAX 2+通信の方が対応エリアが広くなった今では、もはや、WiMAX通信に対応する意味がなくなってしまった訳なのです。

とは言っても、速度制限なしのノーリミットモードは、やはり魅力的です。
どうしてもノーリミットモードに対応したWiMAX端末が欲しいと言うのであれば、購入する事は可能です。

その際、WiMAX通信に対応したハイスピードモード対応端末を選ぶのはお勧めしません。
前述した通り、ハイスピードモードでWiMAX通信を行うのは、WiMAX 2+通信が圏外表示される場合においてです。
WiMAX通信よりもWiMAX 2+通信の方対応エリアの方が広くなってしまった今、ハイスピードモードでWiMAX通信を利用するのは非常に難しい状況になってしまいました。

ハイスピードモードでWiMAX通信を行うのは難しい

ですから、きちんとノーリミットモードに対応していて、WiMAX通信のみを利用出来るように切り換える事が可能なWiMAX端末を選ぶ必要があります。
この場合に選択肢として上がって来るWiMAX端末は、URoad-Home2+Uroad-StickWi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の3択になります。

ただ、現在各WiMAX端末を取り扱っているWiMAX取扱店はごく一部だけになっています。
URoad-Home2+を取り扱っているのはGMOとくとくBB WiMAX 2+だけですし、Uroad-Stickを取り扱っているのはBroad WiMAXのみとなっています。
また、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15だと、既に取り扱っているWiMAX取扱店はありません

ですから、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15を購入したいと言うのであれば、Amazonから購入するしかありません。

しかも、URoad-Home2+やUroad-Stick、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15は既に型落ちのWiMAX端末となっています。
ですので、在庫が売り切れたら取り扱い停止となってしまいます。

入手不可能に

ですから、どうしてもノーリミットモードを利用したいと言う方の場合、入手不可能になる前に、これらのWiMAX端末を手に入れるしかありません。

ちなみに、AmazonでWi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15を購入する場合、本当に利用出来るのかどうか不安だと言う方もいるでしょう。
ですが、現在WiMAXサービスを利用中の方であれば、何も問題はありません。
ただ、au Micro IC Card(LTE)をWi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15に挿し替えるだけで、そのままWi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15を利用する事が出来ます。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15にSIMカードを挿入

その際、契約プランの変更などは必要ありませんが、出来るならFlatツープラスプランへ乗り換えた方が良いです。
と言うのも、月額料金が少し高額になる代わりに速度制限の規制が厳しくなくなるギガ放題プランですが、ノーリミットモードを利用するのでしたら必要ないからです。

そうでしたら、速度制限の規制が普通にある代わりに月額料金の安いFlatツープラスプランを利用した方がお得な訳です。

少しでもお得な料金プランを選択

ノーリミットモード対応端末を利用する方は、これらの部分を参考にしつつ導入してみて下さい。

>>Amazon

↓GMOとくとくBB WiMAX 2+の詳細情報はこちら↓
矢印GMOとくとくBB WiMAX 2+

↓Broad WiMAXの詳細情報はこちら↓
矢印Broad WiMAX

実は、ノーリミットモードがなくても別に困らない!?

ノーリミットモードにこだわる必要がない4つの理由
ノーリミットモードはそのうち使えなくなる!?

これまで、ノーリミットモードについてご紹介して来ました。
ノーリミットモードを利用する方法として、ノーリミットモードに対応する型落ちのWiMAX端末を使用すると言う形でご紹介しました。

URoad-Stick

ただ、ノーリミットモードは2018年4月には停波すると言われています。
UQコミュニケーションズの公式サイト上では、この件に関するアナウンスはまだ何もありません。
ですが、実は、これまでUQコミュニケーションズが総務省に提出している書類の内容などから、このように言われているのです。

ですから、ノーリミットモードに対応したWiMAX端末を利用していたとしても、ノーリミットモードを利用出来る期間には期限があると言う事になります。

ノーリミットモードがなくても、たっぷりとインターネットを利用出来る!?

ノーリミットモード対応端末を利用していたとしても、それは期間限定の方法だと言う事になります。
そうなると、もう、WiMAXサービスは速度制限を気にしながら利用するしかなくなるのでしょうか?

速度制限を気にしながらインターネットを利用

実は、WiMAXサービスの料金プランをギガ放題プランauスマホ割(4年)プランに変更する事によって、速度制限の規制具合を軽くする事が可能です。

ギガ放題プランやauスマホ割プランに適用される速度制限
速度制限の種類 ハイスピードモード ハイスピードプラスエリアモード
月間のデータ利用量による速度制限 速度制限なし 速度制限あり
混雑回避のための速度制限 速度制限あり
月間のデータ利用量による速度制限
月始めからの総通信量が7GBを超えた場合に、月末までの通信速度を128Kbpsに制限する。
混雑回避のための速度制限
前日までの直近3日間の合計通信量が3GBを超えた場合に、翌日の昼から翌々日の昼までの通信速度をYoutube動画が視聴出来る程度に制限する。

ですので、ギガ放題プランauスマホ割(4年)プランでWiMAXサービスを申込んでいる方であれば、ハイスピードモードを利用時の月間のデータ利用量による速度制限が適用外になります。
そうなると、ハイスピードプラスエリアモードを利用する際に、1ヵ月の総通信量を7GB未満になるようにさえ気を付けていれば大丈夫だと言う事になります。

一方、ギガ放題プランやauスマホ割(4年)プランであっても、混雑回避のための速度制限は適用されます。
ただ、混雑回避のための速度制限が適用されても実用レベルの通信速度は維持されますので、こちらはそこまで神経質に考える必要はありません。

WiMAX通信の通信エリアは狭い!?

前述したように、WiMAX通信の通信エリアはWiMAX 2+通信の通信エリアよりも狭いです。
しかも、WiMAX 2+通信の通信エリアに関しては、これからもどんどん広がって行きます

通信エリアの広がるWiMAX 2+エリア

そう考えると、ノーリミットモードとハイスピードモードとでは、利便性の差がどんどん広がって来ます

ノーリミットモードは通信速度が遅い!?

ノーリミットモードはそのうち使えなくなるとご紹介しましたが、実は、WiMAX通信で利用している通信帯域を、徐々にWiMAX 2+通信に引き渡している流れになって来ています。
その関係上、WiMAX 2+通信の通信速度は年々向上しているのに対して、WiMAX通信の通信速度は年々遅くなって来ています

WiMAXからWiMAX 2+への移行

実際、WiMAX通信の下り最大通信速度は40Mbpsから13.3Mbpsへ下がっています。
一方、WiMAX 2+の下り最大通信速度は110Mbpsから440Mbpsへと向上しています。

この下り最大通信速度13.3Mbpsはあくまでもベストエフォート値なので、実測値は更に遅いです。
実際、自分が使ってみた体感では、混雑回避のための速度制限が適用されているハイスピードモードと比べ、ノーリミットモードの方が体感的通信速度は遅いです。

HWD15とHWD34

混雑回避のための速度制限が適用された状態でハイスピードモードを利用する際、2つまでなら動画を同時再生する事は可能です。
ただ、ノーリミットモードだと動画1つを何とか再生出来ると言った感じの印象を受けました。

ノーリミットモードに非対応のWiMAX端末で大丈夫!

ノーリミットモードにこだわる必要がない4つの理由をご紹介しました。
このように、ノーリミットモードを利用しなくても、料金プランをギガ放題プランかauスマホ割(4年)にする事によって、速度制限を一部適用外にする事は出来ます。

速度制限を気にせずにインターネット

そして、ノーリミットモードは有効期限があり、しかも、現状のノーリミットモードは混雑回避のための速度制限適用時のハイスピードモードよりも通信速度が遅いと言う状態になっています。

これらを踏まえれば、わざわざノーリミットモードに対応するWiMAX端末にこだわる必要は全くなくなります。
それよりも、性能の高い最新WiMAX端末を利用した方が良いです。

↓最新WiMAX端末が無料で手に入る!?↓
矢印GMOとくとくBB WiMAX 2+

WiMAXサービスの取扱店はGMOとくとくBB WiMAX 2+がお勧め!

GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャンペーン特典が魅力的!
GMOとくとくBB WiMAX 2+で最新WiMAX端末のクレードルセットをゲット!

ご紹介したように、WiMAX端末はノーリミットモード対応端末よりも、性能の高い最新WiMAX端末を利用した方が良いです。
その際、最新WiMAX端末がクレードルセットで無料になるキャンペーンを行っているWiMAX取扱店があります。

それがGMOとくとくBB WiMAX 2+です。

WiMAX端末は通常価格で20,000円
クレードルは通常価格で2,750円のものと、3,565円のものとがあります。

Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)のクレードル

それが無料になりますので、WiMAXサービス導入時の負担がそれだけなくなる訳です。

ちなみに、最新WiMAX端末がクレードルセットで無料になるのは、全WiMAX取扱店の中でもGMOとくとくBB WiMAX 2+だけの特典です。
だからこそ、是非とも利用したいキャンペーン特典と言えます。

GMOとくとくBB WiMAX 2+は業界最安値!?

そんなGMOとくとくBB WiMAX 2+ですが、実は、業界最高額の現金キャッシュバックが貰えるWiMAX取扱店としても有名です。
ですので、結果的に業界最安値でWiMAXサービスを利用する事が出来ます。

GMOとくとくBB WiMAX 2+は業界最安値

GMOとくとくBB WiMAX 2+は金銭的メリットが大きく、しかも、たっぷりとインターネットを楽しむ事が出来ます。
つまり、家計の負担を最大限に抑えつつ、快適なインターネット環境が手に入る訳です。

GMOとくとくBB WiMAX 2+なら安心の保証制度付き

ご紹介しているGMOとくとくBB WiMAX 2+ですが、実は、安心の保証制度が付いている点でも評判のWiMAX取扱店です。
具体的には、WiMAXサービスを申込み後、思ったほどのインターネット環境が手に入らなければそのままキャンセルをする事が出来ます。

キャンセル保証制度付き

WiMAXサービスを解約すると、通常、契約解除料と言う形で24,800円を支払わなければなりません。
ですが、GMOとくとくBB WiMAX 2+であれば、それが不要になる訳です。

もし、自宅でWiMAXサービスが使い物にならなくても、最小限の負担で解約手続きを行う事が出来る訳です。
この安心感は、GMOとくとくBB WiMAX 2+にしかないメリットと言えます。

WiMAX端末の売り切れに注意!

最新のWiMAX端末がお得に手に入るWiMAX取扱店と言う事で、GMOとくとくBB WiMAX 2+についてご紹介して来ました。
いかがでしたか?

Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)のクレードルセット

ちなみに、各WiMAX取扱店ごとにWiMAX端末の在庫が決まっています
ですので、WiMAX端末が売り切れたら、そのままラインナップから外れてしまいます

そう言った点から、もしも気になるWiMAX端末がありましたら、売り切れる前に申し込み手続きを済ませてしまうのをお勧めします。

↓GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャンペーンサイトはこちら↓
矢印GMOとくとくBB WiMAX 2+

 

タグ :  

モバイルルーター   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。