wimax2+ エリア

安いねっと言いたい日々

安いインターネットサービス情報をご紹介します。

WiMAX 2+の通信エリア、私の住んでいる場所は対応しているの?

 

WiMAX 2+の通信エリア、私の住んでいる場所は対応しているの?

WiMAX 2+の通信エリアってどれ位?
実際に繋がるの?

WiMAX 2+の評判について調べていると、WiMAX 2+の通信速度は遅いだとか、WiMAX 2+の通信エリアは狭くてすぐに圏外表示されるから繋がらないなどと言うものを見掛ける事があります。

こう言う書き込みを見掛けると、WiMAX 2+って本当に大丈夫なのか不安になります。
ですが、そう言う書き込みが多かったのは、WiMAX 2+サービスが登場した当初の話になります。

Try WiMAXの同梱物

今は、年々WiMAX 2+の通信エリアが拡大して来ていて、実用レベルの通信エリアを網羅しています。
以前はWi-Fi WALKERなんて名前の付いたWiMAX端末が出ていたほど、WiMAX 2+はインターネット環境を持ち歩く事が出来ると言う形を実現する事が出来ているインターネットサービスなのです。

WiMAX 2+サービスは契約数が2,000万人を突破し、オリコンのお客様総合満足度No.1を4年連続受賞し続ける事が出来ているほど評判のインターネットサービスです。
そんなWiMAX 2+サービスですので、繋がらないだとか、通信速度が遅いなどと言うケースは多くありません
ですから、そこまで不安に感じなくても大丈夫です。

↓WiMAX 2+サービスの詳細情報はこちら↓
矢印UQ WiMAX

圏外エリアなのにWiMAX 2+の契約をしてしまうリスクを回避する方法

サービスエリアマップでWiMAX 2+に対応した通信エリアを調べる
WiMAX 2+の通信エリアを調べる手順

WiMAX 2+サービスは評判のインターネットサービスだから大丈夫だと言われても、実際に自分の住んでいる場所がWiMAX 2+通信に対応しているエリアかどうかを確認しないと不安だと言う方もいるでしょう。
実際、WiMAX 2+の通信エリアはサービスエリアマップで確認する事が出来ます。

サービスエリアマップを利用すると、日本地図上で通信対応しているエリアに色が塗られています。
ですから、通信対応エリアは一目瞭然です。

ちなみに、画面上のタブでサービスエリアマップピンポイントエリア判定の切り換えを行う事が出来ます。
サービスエリアマップは地図上で対応エリアを目視する事が出来、ピンポイントエリア判定では住所から通信状況を○△×で判定してくれます。

サービスエリアマップとピンポイントエリア判定を切り換え

また、サービスエリアマップとピンポイントエリア判定の切り換えタブの下にあるタブでは、WiMAXWiMAX 2+au 4G LTEの対応エリアを切り換える事が出来ます。

通信を切り換える

それぞれの必要に応じて、切り換えてチェックしましょう。

サービスエリアマップは常に更新中

ご紹介したサービスエリアマップですが、実は、定期的に更新され続けています。
ですから、今現在非対応のエリアであっても、いつの間にか対応していると言う事もあります。

例えば、最近ではWiMAX 2+の下り最大通信速度440Mbps対応エリアが表記されるようになりました。

440Mbps対応のエリア

ですから、サービスエリアマップの信憑性はそれなりに高いです。

行動範囲がWiMAX 2+の通信エリア外だった場合
WiMAX 2+の通信エリア拡大の要望を出す方法

ご紹介したように、サービスエリアマップを使えばWiMAX 2+の通信エリアを事前に確認する事が出来ます。
ただ、もしもあなたの行動範囲内がWiMAX 2+のサービスエリア外だったとしても、そこは諦める必要ありません。

WiMAX 2+の通信エリア外

と言うのも、UQコミュニケーションズではWiMAX 2+の電波状況についてユーザーの声を聞く場を用意しています。
ですので、もしもWiMAX 2+の通信状況が悪かったとしても、今後対応して貰える可能性があります

>>お客様の声を聞く

WiMAX 2+の圏外エリアでもインターネット通信を行う方法

また、WiMAX端末の中には人口カバー率99%の通信エリアを網羅するau 4G LTE通信に対応している機種もあります。
そんなau 4G LTE通信は、ハイスピードプラスエリアモードと言う通信モードを設定する事で利用出来ます。

現在ハイスピードプラスエリアモードに対応しているWiMAX端末は、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)になります。
これまでの流れから、Huawei製のWiMAX端末であれば、au 4G LTE通信に対応しています。

また、au 4G LTEはプラチナバンドと呼ばれている低周波数の帯域を利用して通信を行いますので、奥まった場所にも電波が到達しやすいと言う特徴を持っています。
そう言う理由から、au 4G LTEはWiMAX 2+よりも繋がりやすい点が特徴的なインターネット回線と言えます。

実際にau 4G LTEがどのエリアで繋がるのかに関しては、サービスエリアマップにて確認する事が出来ます。
サービスエリアマップのタブの中にあるLTEをクリックする事で、au 4G LTEの通信エリアを確認する事が出来ます。

LTEの通信対応エリア

ちなみに、ハイスピードプラスエリアモードを利用する場合、別途月額1,005円のLTEオプション料が発生してしまいます。
ですが、auスマートバリューmineの対象者であれば、LTEオプション料が無料になるキャンペーン特典が付いて来ます。

ですので、auのスマートフォンや携帯電話を利用中の方であれば、是非ともauスマートバリューmineは利用しておきたいところです。

WiMAX 2+が繋がるエリアかどうかを実際にお試し出来る2つの制度
事前にWiMAX 2+がしっかり繋がるエリアかどうかを試す方法

サービスエリアマップの注意書きとして、以下の文章が添えられています。

エリアマップ、ピンポイントエリア判定はシミュレーションに基づいており、実際と異なる場合がございます

ですので、ピンポイントエリア判定の結果がの場合であっても、契約後、実際には繋がらない状況にならないかが不安と言う方もいます。
そんな方にお勧めしたいのが、UQコミュニケーションズの行っているTry WiMAXとGMOとくとくBB WiMAX 2+の行っているキャンセル保証制度になります。

Try WiMAXとは、UQコミュニケーションズから実際にWiMAX端末をレンタルして、使用感を試す事が出来るサービスとなっています。
クレジットカードの登録が必要となりますが、15日間無料でWiMAX端末をレンタルする事が出来ます。

>>Try WiMAXレンタルサービスって本当に無料?体験談が聞きたい

ですから、実際にWiMAX端末を自宅で使用してみないと不安だと言う方にとって、WiMAXサービスをお試し出来る良い機会となります。

行動エリア内でWiMAX 2+が圏外表示しかされない場合のリスクを減らす方法

前述しましたが、WiMAX 2+サービスを実際に利用してみるまでは安心出来ないと言う方にとってお勧めなサービスはもう1つあります。
それが、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャンセル保証制度になります。

ご満足保証が安心

GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャンセル保証制度は、万が一WiMAX 2+が繋がらなかった場合のリスクを抑えてくれる安心の保証制度になります。
具体的には、解約手続きを行う際の契約解除料が免除になる保証制度となります。

WiMAX 2+サービスの契約は2年契約の自動更新型が基本となります。
WiMAX 2+サービスを解約する際には、2年ごとにやって来る契約更新月内で解約手続きを行わなければなりません。
もし、契約更新月以外で解約手続きを行うと、以下の金額の契約解除料が請求されてしまいます。

GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンの契約解除料
契約期間 契約解除料
1~24ヵ月目 24,800円
25ヵ月目 0円
26ヵ月目~ 9,500円

ですが、GMOとくとくBB WiMAX 2+であれば、契約から20日間は契約解除料を支払わずに解約手続きを行う事が出来ます。
ですので、契約後にWiMAX 2+の通信状態が良くなかった場合に、そのリスクを抑える事が出来ます。

ちなみに、Broad WiMAXにもご満足保証と言う契約解除料が不要になる制度があります。
ただし、こちらは株式会社リンクライフの運営している他のインターネット回線への乗り換えが条件になっています。

ご満足保証の利用は条件付き

一方、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャンセル保証制度には、そのような決まりはありません
ですので、安心してキャンセル保証制度を利用する事が出来ます。

↓GMOとくとくBB WiMAX 2+の詳細情報はこちら↓
矢印GMOとくとくBB WiMAX 2+

GMOとくとくBB WiMAX 2+の魅力的なキャンペーン特典

GMOとくとくBB WiMAX 2+なら、WiMAX端末がお得に手に入る!
GMOとくとくBB WiMAX 2+なら、最新WiMAX端末のクレードルセットが無料に!

ご紹介しているGMOとくとくBB WiMAX 2+ですが、豪華なキャンペーン特典が付いて来る点も魅力の1つです。
その中でも魅力的なのが、最新WiMAX端末のクレードルセットが無料になるキャンペーン特典です。

Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)のクレードルセット

無料対象となる主なWiMAX端末は、以下の3種類です。

Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)
人口カバー率99%のエリアで繋がるau 4G LTEを使ったハイスピードプラスエリアモードに対応している点が特徴的なWiMAX端末。
Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)
同時接続数は少ないものの電力消費を抑える事が出来るBluetoothテザリングに対応している点が特徴的なWiMAX端末。
novas Home+CA
2つのSSIDとEthernetポートを搭載する事で最大18台の機器の同時通信に対応している点が特徴的なWiMAX端末。

通常、クレードルは別売り扱いになっています。
そんな中、クレードルが無料で貰えるのは、全WiMAX 2+サービスの中でもGMOとくとくBB WiMAX 2+だけになります。

GMOとくとくBB WiMAX 2+なら、直ぐにWiMAX端末が手元に届く!

ご紹介したように、GMOとくとくBB WiMAX 2+であれば、最新WiMAX端末のクレードルセットが無料で貰えます。
しかも、WiMAX端末の送料も無料になります。

更に、GMOとくとくBB WiMAX 2+では、WiMAX端末の即日発送システムを採用しています。
最短で、申し込み手続きを行ったその日中にWiMAX端末が発送されますので、より早くWiMAX 2+サービスを利用開始する事が出来ます。

配送までが早い

GMOとくとくBB WiMAX 2+は、契約初月の月額料金が無料になるキャンペーン特典も付いています。
ですから、より早くWiMAX端末が届くと言う事は、それだけ長く無料でWiMAXサービスを利用する事が出来ます

GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンが魅力的!
GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバック額は業界最高額!?

これまで、GMOとくとくBB WiMAX 2+の魅力的なキャンペーン特典をご紹介して来ました。
ですが、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャンペーン特典の中でも1番目玉となるキャンペーン特典をまだご紹介していません。

それは何かと言うと、業界最高額の現金キャッシュバックキャンペーンです。
そう、GMOとくとくBB WiMAX 2+であれば、全WiMAX 2+サービスの中でも1番高額なキャッシュバックが付いて来るのです。

高額な現金キャッシュバック

実際どれだけお得なのか、他のWiMAX 2+サービスのキャッシュバック額と比較をしてみましょう。

各WiMAX取扱店のキャッシュバック額比較
WiMAX取扱店 キャッシュバック額
GMOとくとくBB WiMAX 2+ 33,000円
DTI WiMAX 2+ 29,000円
3WiMAX 28,000円
PEPABO WiMAX 23,500円
@nifty WiMAX 20,100円
So-net モバイル WiMAX 2+ 20,000円
BIGLOBE WiMAX 2+ 20,000円
novas WiMAX 2+ 10,000円
シナジーパートナーズ 10,000円
インソムニア 10,000円
UQ WiMAX 3,000円(※商品券)

実際、これだけのキャッシュバック額の差額があります。
そう言う訳で、GMOとくとくBB WiMAX 2+は非常に人気のWiMAXサービスとなります。

GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバック額は月末まで!?

ご紹介しているGMOとくとくBB WiMAX 2+ですが、上記キャッシュバック額は月末までの設定金額となっています。
と言うのも、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックは、毎月変更になるのです。

通常キャッシュバック

ですので、場合によっては今よりもキャッシュバック額が減額されてしまう可能性もあります。
そうならないように、WiMAXサービスを検討中の方はお早めの手続きをお勧めします。

↓GMOとくとくBB WiMAX 2+の申込み先はこちら↓
矢印GMOとくとくBB WiMAX 2+

 

タグ :  

モバイルルーター   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。