iphone se レビュー

安いねっと言いたい日々

安いインターネットサービス情報をご紹介します。

UQ mobileで購入したiPhone SE(128GB)をレビュー。Androidとの違いも

 

UQ mobileで購入したiPhone SE(128GB)をレビュー。Androidとの違いも

「iPhone SEに興味があるんだけど、実際にiPhone SE使っている方はどう言う感想を持っているのだろう?
Androidと比べて、違いはどうなんだろう?」

スマートフォンを購入する際、iPhoneを使おうかAndroidを使おうかで迷ってしまいます。
また、iPhone SEを使いたいと決めているものの、実際にiPhone SEを使っている人から使用感を聞いてから購入したいと言う方もいるでしょう。

それもそのはず、スマートフォンは価格帯が高額な買い物になりますから、失敗はしたくないものです。
実際、iPhone SEのAppleでの販売価格は55,800円もしますし、各携帯電話会社のホームページに掲載されている販売価格は60,000円を超えています

iPhone SE

ですから、購入後に失敗したと言う気持ちになった場合、立ち直るまでに結構な時間が掛かりそうです。

あなたがそう言う気分にならないように、実際iPhone SEを使っている私のレビューをご紹介します。
その際、情報を盛ったりせずに素直な感想を紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

iPhone SEを実際に使ってみた上でのレビュー

iPhone SEの特徴とAndroidとの違い

実は、私は元々SHARPのAQUAS SERIE SHV32ユーザーです。
と言うのも、スロー撮影が出来る点に惹かれてSHARPのAQUAS SERIE SHV32を使っていた訳ですが、iPhone SEにもスロー撮影が搭載されている理由で乗り換えました。

AQUAS SERIE SHV32

と言う事で、iPhone SEのレビューはSHARPのAQUAS SERIE SHV32と比較する形で行います。
ですので、AndroidとiPhoneの比較と言う形で読み取って頂ければと思います。

そんなiPhone SEの主な特徴ですが、以下の3点が挙げられます。

  • iPhone SEは4インチサイズなので、片手でも画面全体をタッチ操作出来るお手軽感のあるiPhone。
  • iPhone SEならスマートフォン自体の動作が重くなく、サクサクと快適に操作出来る。
  • iPhone SEは文字入力の際の漢字の予測変換候補が割と正確なので、即座の入力が問われるチャットなどの際にも安心。

iPhone SEを箱から取り出した時、まず驚いたのがそのサイズ感です。
「小さっ!」って驚きました。

UQ mobileの箱を開封

SIMカードと一緒に並べてみてもこのサイズです。

UQ mobileのSIMカードを挿入後

ですから、UQ mobileなら片手でもサクサクと操作する事が出来ます。
このサイズであれば、小柄な女性の手であっても親指でディスプレイ全体を触る事が出来ます。

実際にiPhone SEの電源を入れてみて感じたのが、その操作感の快適さです。
スマートフォンってこんなに快適なんだと思わされるほど、サクサクと操作を行う事が出来ます。

iPhone SEの電源を入れる

実は、今までAQUAS SERIE SHV32を使っていて1番ストレスだったのが、動作の遅さです。
アプリの起動が遅く、操作をしていても途中でアプリが落ちるなんて事もありました。

酷い時になると、デフォルトのカメラアプリの起動さえも出来ずにエラー表示。
カメラアプリのエラー表示によるストレスは、過去に何度経験したか数え切れません。

カメラアプリがエラーに

一方、iPhone SEでも写真は撮っていますが、こちらは今のところカメラアプリがエラーで起動出来ないと言った不具合は出ていません
それに、これだけサクサク動くiPhone SEであれば、途中でフリーズしてしまうようなエラーが頻繁に起きる心配はなさそうです。

AQUAS SERIE SHV32を利用していてストレスを感じた場面は、文字入力の際にもありました。
こちらはAndroid自体の性能だと思うのですが、予測変換候補が全然駄目なのです。

予測変換候補がてんで駄目

と言うのも、AQUAS SERIE SHV32が予測変換候補として出して来る漢字は、的外れな事が多いのです。
一応、それを補う為にネット変換と言う機能も付いているのですが、これがまた非常に遅いのです。

ネット変換の精度はそこそこですが、一度使うと10秒ほど待たされてしまいます
これがとてもストレスを感じる部分になるのです。

ネット変換

ですから、長文を入力したりチャットを利用する際などには、この部分が大きな足かせとなります。

一方、iPhone SEの予測変換候補は割と正確です。
実際、同じ文章をAQUAS SERIE SHV32で入力する場合と比較しても、その精度の差は明らかです。

iPhoneの方がAndroidよりも予測変換候補が正確

また、iPhoneには顔文字用のボタンがあり、そこから簡単に顔文字を呼び出す事が出来ます。
しかも、使用出来る顔文字の種類が非常に豊富で、この部分もAndroidにはない便利な機能となります。

顔文字ボタン

ですから、文章を入力する際の利便性で言うと、AndroidよりもiPhoneの方が上です。
実際に使ってみると、その違いはかなり大きいです。

また、iPhoneはiTunesとの連携が大きなメリットの1つになります。
と言うのも、iTunesがインストールされているパソコンとケーブルで繋ぐ事で、簡単にパソコン内の曲をiPhone内に取り込む事が出来ます

iPhoneに曲を取り込む

私の場合、Windows内に6,000曲以上の楽曲が保存されています。
そして、iTunesによって、それぞれの曲はiPhoneでも再生出来る音楽ファイルに変換された状態で保存してあります。

その状態でiPhoneと繋ぐ事で、自動的にiTunesに保存されている全音楽ファイルをiPhoneの中に同期出来ます。
前述したように、私のパソコン内には6,000曲以上の楽曲が保存されている訳ですが、それをわずか30分ほどでiPhone内へ保存する事が出来ました。

音楽ファイルの同期

同じ作業をAndroidで行ったとしたら、どれだけ面倒でしょうか?
時間ももっと掛かるでしょう。

iPhone SEを利用する前の心配点と使用後の感想

これまで、iPhone SEのメリットを中心に、iPhone SEの特徴をレビューして来ました。
これだけメリットのあるiPhone SEですが、導入する際に一切不安がなかった訳ではありません。

iPhone SEって大丈夫?

自分で事前にiPhone SEについて色々調べて行く上で、心配な点がいくつかありました。
まず、そのサイズ感が気になりました。

と言うのも、iPhone SEはわずか4インチしかないサイズ感が特徴です。
ですから、画面に表示されるボタンが小さい分、間違って指で2つくらいボタンを同時押ししてしまうのではないかと不安でした。

誤入力

ところが、実際に使ってみると、文字入力が驚くほどにスムーズなのです。
自分では隣のボタンも触ってしまっているのではないかと不安になるものの、実際にきちんと狙った文字が入力されています。

この部分には、さすがだなと驚きを感じました。
これなら、私よりも指が太い方でも、安定した文字入力が出来るでしょう。

指が太くても大丈夫

iPhone SEを購入する上で最も大きかった不安点が、防水面です。
と言うのも、iPhone 7やiPhone 7 Plusなら防水対応していますが、iPhone SEは防水対応していません

一方で、Androidなら防水・防塵・耐衝撃対応の機種が何種類か存在します。
ですから、防水面や耐衝撃面の安心感からAndroidを選択したと言う方もいるでしょう。

スマートフォンが水没

とは言え、心配しなくても、実はiPhone SE用の防水ケース通販サイトで普通に販売されています。
ですから、そう言うもので十分に代用出来ます

ただし、防水ケースと書かれているものの中には生活防水対応のものと完全防水対応のものの、2種類の防水ケースがあります。
生活防水は水跳ね程度の防水には対応しているものの、水没には非対応です。

生活防水

ですので、間違って生活防水の方を購入してしまわないように気を付けましょう。

私の場合、完全防水・耐衝撃対応の防水ケースを使っています。
ただ、iPhone SEを防水ケースに入れると、一周りサイズが大きくなってしまいます

防水ケース

ですので、せっかくサイズの小さい点が魅力的なiPhone SEを使っているのに、サイズ感のメリットは弱くなってしまいます
また、スマートフォンで音楽を再生すると、若干ですが音のこもった感じになります。

このように、サイズ感や音質の問題はあるものの、画面のタッチ感には問題ありません
iPhone SEをケースの中に入れていると言う状態を忘れてしまうかのようなサクサクとした操作感がありますし、指紋認証も問題ありません

iPhone SEを防水ケースに

勿論、こう言う使用感は購入する防水ケースの種類によって変わって来ます。
ですから、参考程度にしてみて下さい。

また、iPhone SEを購入する上で、カメラ機能にも不安がありました。
と言うのも、元々使っていたAQUAS SERIE SHV32はカメラのピントが全然合わずに、特に接写が酷かったのです。

ピントが合っていない写真

カメラ機能が良いと言われているAndroidでさえこんな状況ですから、iPhone SEはもっと酷いのではないかと不安でした。
ところが、ピント合わせに関しては、AQUAS SERIE SHV32よりもiPhone SEの方が優秀です。

接写であっても、iPhone SEなら割とピントが合ってくれます

ピントの合った写真

ただし、星空の撮影は厳しいです。
AQUAS SERIE SHV32だったらオリオン座をギリギリ認識出来る程度の撮影が可能だったのですが、iPhone SEは更に撮影が厳しくなってしまいます。

それなりのアプリを探せばマシな写真が撮れるのでしょうが、デフォルトのカメラでは無理です。

星空撮影は無理

Androidの場合、デジカメと同等のレンズを搭載している事を強みとしているスマートフォンも出ています。
ですので、カメラ機能を最重要視するような方にはiPhoneよりAndroidの方がお勧めと言えます。

勿論、Androidのスマートフォンのハード面はものによりけりですから、私のようにピントが合わないスマートフォンを選んでしまう可能性もありますが・・・。

iPhone SEを負担なくお得に購入出来る方法

ご紹介して来たiPhone SEですが、やはり価格帯が気になるところでしょう。
iPhone SEは性能を考えればお得な価格帯ではあるのですが、それでもパッと料金を支払うには高い買い物となります。

iPhone SEの価格は?

そこで、少しでもiPhone SEの価格帯を抑えたいと言う方にお勧めしたいのが、UQ mobileから購入すると言う方法になります。
と言うのも、UQ mobileには端末購入アシストマンスリー割と言う2つの制度が用意されているからです。

端末購入アシスト
スマートフォンの端末代の一部を24回の分割払いに出来る制度で、分割払い分の金額は端末購入アシスト加算料と言う形で月額料金に上乗せされる。
マンスリー割
格安スマホを購入した方の24ヵ月分の月額料金が割引きされるので、結果的に安くスマートフォンを購入する事が出来る割引き制度。

この2つの制度を利用する事で、iPhone SE(128GB)の販売価格を実質36,100円に節約する事が出来ます。
また、そこまで容量は必要ないと言う方向けのiPhone SE(32GB)で良いのであれば、実質24,100円で購入する事が出来ます。

端末購入アシストとマンスリー割

しかも、これらの金額を一括で支払う訳ではなく、24ヵ月間掛けて少しずつ支払えば良くなります

UQ mobileでのiPhone SEの販売価格
iPhone SEの容量 端末価格 端末購入アシスト加算料
32GB 100円 1,000円
128GB 100円 1,500円

ですので、iPhone SEの購入額が家計を圧迫して、頭を悩ませつつお金のやり繰りをしなければならないと言う事はありません。
たったこれだけの支払額で、高性能なiPhone SEを購入する事が出来るのです。

そんなに安くなるの!?

せっかく用意されている割引きの仕組みになります。
ですので、あなたも有効活用して、少しでも安くiPhone SEを手に入れましょう

↓UQ mobileの詳細情報はこちら↓
矢印UQ mobile

UQ mobileでiPhone SEを購入する際の注意点

UQ mobileのマンスリー割を利用する為の前提条件

ご紹介しているUQ mobileのマンスリー割ですが、利用する為にはおしゃべりプランぴったりプランに申し込む事が条件となります。
このおしゃべりプランとぴったりプランですが、UQ mobileの通話プランになります。

おしゃべりプランとは、5分以内の国内通話であれば、何度でも無料で通話が出来る通話プランの事を指します。
つまり、長電話をしない方であれば、たっぷりと通話を楽しむ事が出来ます。

一方、ぴったりプランとは、申し込んだ料金プランに応じた時間の無料通話が割り当てられる通話プランになります。
ぴったりプランに割り当てられる具体的な無料通話の時間は、以下の通りです。

ぴったりプランに割り当てられる月間の無料通話の時間
ご利用期間 プランS プランM プランL
1~25ヵ月目 60分 120分 180分
26ヵ月目~ 30分 60分 90分

ちなみに、これらの無料通話の時間を超過してしまうと30秒ごとに20円の通話料金が請求されます。
とは言え、この通話料金の設定金額は一般的なスマートフォンの通話料金と同額になっています。

UQ mobileでのiPhone SEの購入はお早めに

ご紹介しているUQ mobileのiPhone SEですが、1点気を付けておきたい部分があります。
それは、在庫が限られていると言う点です。

と言うのも、iPhone SEが登場する前は、UQ mobileではiPhone 5sが購入出来る形になっていました。
ところが、いつの間にかiPhone 5sはオンラインショップからは購入出来ない形になってしまったのです。

iPhone 5s

同様に、iPhone SEがUQ mobileのオンラインショップからは申し込めなくなる時がいつやって来るかは分かりません。
そうなってから後悔しても遅いですから、お得にiPhone SEが購入出来るようになっている今のうちのお早めの申し込み手続きをお勧めします。

↓UQ mobileのオンラインショップはこちら↓
矢印UQ mobile

 

タグ : 

SIMカード   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。