おサイフケータイ

安いねっと言いたい日々

安いインターネットサービス情報をご紹介します。

おサイフケータイの中でも、特にお勧めなスマートフォンDIGNO W

 

おサイフケータイの中でも、特にお勧めなスマートフォンDIGNO W

現金を持ち歩かなくて良いから、楽ちん、楽ちん。」

おサイフケータイとは、FeliCaチップ(ICチップ)が埋め込まれている携帯電話の事を指します。
そんなおサイフケータイを持っていれば、おサイフケータイアプリを使って電子マネーを利用する事が出来るようになります。

おサイフケータイアプリに対応している電子マネーとしては、楽天EdynanacoWAON交通系カードの電子マネーなどが挙げられます。

電子マネー

おサイフケータイに予め現金をチャージしておく事で、現金を持ち歩く必要がなくなります
そして、スマートフォンを専用端末にかざす事で支払いが完了しますので、店員にお金を出したりお釣りを貰ったりの動作が必要なくなります。
つまり、会計がとてもスムーズになります。

ただ、おサイフ機能を使う際にポケットからうっかりスマートフォンを落としてしまう事が稀にあります。
おサイフケータイユーザーあるあるですが、落とし所が悪いとスマートフォンを壊してしまいます

壊れたスマートフォン

故障したスマートフォンの修理代は、思ったよりもずっと高いです。
しかも、予定になかった突然の出費になりますので、お財布事情への悪影響は大きいです。

そんな時、うっかり落としてしまっても壊れにくいスマートフォンがあれば安心出来ます。
そう言うスマートフォンなら、安心しておサイフケータイ機能を使う事が出来るでしょう。

スマートフォンを落とす

ハッキリ言って、スマートフォンの修理代は高いです。
以前、私はスマートフォンの画面を割ってしまった事があって、修理代は10,000円を超えました
端末補償サービスに入っていなかったので、修理代が全額自腹になってしまったのも、その理由の1つです。

ただ、端末補償サービス自体もそれなりに高くて、500円ほどの月額料金とは別に、修理の度に5,000円の自己負担額が掛かります。
ですから、2年間で1回修理しただけでも、17,000円もの金額を支払う事になります。
そして、一度もスマートフォンを修理しなかったとしても、12,000円もの金額を無駄に支払う事になります。

端末補償サービスは高い

これだけの金額を支払って安心感だけを買うのって、正直、馬鹿げています。
だったら、最初から壊れにくいスマートフォンを購入した方が、よっぽどコストパフォーマンスが良いと言えるでしょう。

おサイフケータイ搭載で壊れにくいスマートフォンDIGNO W

DIGNO Wの特徴

おサイフケータイに対応しているスマートフォンは何種類かありますが、その中でも特に壊れにくいスマートフォンとなるとDIGNO Wがお勧めです。

DIGNO W

そんなDIGNO Wの主な特徴ですが、以下の3つとなります。

  • 防温水対応なので、泡で洗えていつまでも綺麗に保てるスマートフォン。
  • 防塵・耐衝撃設計なので、うっかり落としてしまっても安心出来るスマートフォン。
  • スマートソニックレシーバーとau VoLTEに対応し、騒がしい場所でもしっかりと通話口の相手の声を聞き取れるスマートフォン。

このように、DIGNO Wはとてもタフなスマートフォンになります。
ですから、落とし所が悪くて故障してしまうようなリスクをぐっと抑える事が出来て、とても安心です。

実際、DIGNO Wは米国国防総省が制定した規格に対応しているスマートフォンになります。
ですので、1.22mの高さからラワン合板に向かってDIGNO Wを落下させる試験にも、26方向で合格しています。

DIGNO Wの購入先はUQ mobileがお勧め
UQ mobileならDIGNO Wが100円に!?

ご紹介して来たDIGNO Wですが、端末価格は34,900円になります。
ですが、UQ mobileの端末購入アシストマンスリー割を利用する事により、実質100円で購入する事が可能です。

実質100円

端末購入アシストとは、スマートフォン代の一部を2年間に渡って分割払い出来る制度の事です。
DIGNO Wの場合だと、端末代金を100円支払い、残りの金額は端末購入アシスト加算料と言う形で毎月1,450円ずつ支払う事になります。

一方、マンスリー割とはUQ mobileとの契約期間を2年間縛りにする事で、月額料金が大幅に割引される割引制度の事です。
DIGNO Wの場合、料金プランがプランSの方は950円プランMとプランLの方は1,450円が割引されます。

マンスリー割

つまり、プランMとプランLの方であれば端末購入アシスト加算料とマンスリー割が同額になるのです。
その結果、DIGNO Wを100円で購入する事が出来るようになります。

この時のUQ mobileの月額料金は、以下の通りです。

UQ mobileでDIGNO Wを購入時の月額料金
ご利用期間 プランS プランM プランL
1~13ヵ月目 2,480円 2,980円 4,980円
14~24ヵ月目 3,480円 3,980円 5,980円
25ヵ月目~ 2,980円
UQ mobileの各料金プランの違い

ご紹介したように、UQ mobileにはプランSプランMプランLの3種類の料金プランがあります。
各料金プランの違いですが、月に利用出来るデータ容量が異なります。

スマートフォンでインターネット

各料金プランごとに利用出来るデータ容量は、以下の通りになります。

UQ mobileの月間のデータ容量
ご利用期間 プランS プランM プランL
1~25ヵ月目 2GB 6GB 14GB
26ヵ月目~ 1GB 3GB 7GB

ちなみに、このデータ容量を超えてしまうと月末までの通信速度が300Kbpsに制限されてしまいます。
この通信速度でも、SNSをチェックしたり音楽ストリーミングサービスを楽しむ事は可能です。

速度制限中でも使える

ですが、動画を視聴したりビデオ通話を楽しむには不足している通信速度となります。
ですので、あなたが月に利用するであろう通信量を検討しながら、どの料金プランで申し込むのかを考えたいものです。

↓UQ mobileの詳細情報はこちら↓
矢印UQ mobile

UQ mobileの商品券プレゼントキャンペーン

UQ mobileで商品券を貰う為の条件

ご紹介しているUQ mobileでは、今、商品券プレゼントキャンペーンを実施中です。
そして、DIGNO Wがキャンペーン対象の機種となっています。

DIGNO W

商品券プレゼントキャンペーンを利用する為の条件としては、以下の条件を満たす必要があります。

  • UQ mobileのオンラインショップから申し込み手続きを行う。
  • 商品券プレゼントキャンペーンのキャンペーン期間中に申し込み手続きを行う。
  • スマートフォンの機種はDIGNO Wを選択する。
  • SIMカードの通話プランとしては、おしゃべりプランぴったりプランに申し込む。

ちなみに、おしゃべりプランとは5分以内の国内通話なら何度でも無料になる通話プランの事を指します。

無料通話

一方、ぴったりプランとは各料金プランに応じた無料通話時間内であれば、無料で通話が出来る通話プランの事を指します。
具体的なぴったりプランの無料通話時間は、以下の通りになります。

ぴったりプランで月に利用出来る無料通話の時間
ご利用期間 プランS プランM プランL
1~25ヵ月目 60分 120分 180分
26ヵ月目~ 30分 60分 90分

ちなみに、この無料通話分の時間を超えてしまった場合には30秒ごとに20円の通話料金が発生します。

通話料金が発生

そして、上記条件を満たした場合には、3,000円分のJCBギフトカードが貰えます。

UQ mobileの商品券プレゼントキャンペーンの実施期間

ご紹介して来たUQ mobileの商品券プレゼントキャンペーンですが、キャンペーンの実施期間が決まっています。
具体的には、2017年4月10日の9時から6月1日の9時まで実施されているキャンペーンになります。

キャンペーン期間

このキャンペーン期間を過ぎてしまうと、商品券は貰えなくなってしまいます
それでは非常に勿体ないですから、キャンペーン期間中のお早めの申し込み手続きをお勧めします。

↓UQ mobileのオンラインショップはこちら↓
矢印UQ mobile

 

タグ : 

SIMカード   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。