uq iphone

安いねっと言いたい日々

安いインターネットサービス情報をご紹介します。

UQ mobileで取り扱うiPhoneってどんな感じ?価格や利便性は?

 

UQ mobileで取り扱うiPhoneってどんな感じ?価格や利便性は?

iPhoneが欲しいんだけど、格安スマホを取り扱うUQ mobileでは取り扱っていないのかな?」

UQ mobileは、格安スマホや格安SIMの取り扱い店になります。
ですから、Androidのスマートフォンを取り扱っていると言う印象が強いです。

ですが、UQ mobileではiPhoneもきちんと取り扱っています。
また、ガラケーもラインナップに入っています。

iPhone SE

ただ、iPhoneに差し込むSIMカードの取り扱い店を選ぶ際には、料金以外にも注意しなければならない部分があります。
それは月間のデータ容量です。

SIMカード取扱店でiPhoneの通信契約を行う際、料金プランに応じて月に利用出来るデータ容量が決まっています。
ですから、用もないのにiPhoneでちょくちょくインターネットに接続していると、いつの間にかデータ容量の上限に達してしまう事もあります。

データ容量の上限に達してしまう

そうなると、月末まで速度制限が適用され、通信速度の出ないインターネット環境を強いられてしまいます。
ですから、格安SIMの料金面だけに注目するのではなく、月に利用出来るデータ容量についてもしっかりと確認する必要があります。

UQ mobileのiPhoneは安くて利便性も高い

UQ mobileの特徴

UQ mobileは格安SIMと格安スマホの取り扱い店になります。
ですから、当然ながら月額料金が安い訳ですが、iPhoneも格安価格で取り扱っています

iPhone 5s

そんなUQ mobileの主な特徴は、以下の3点になります。

  • UQ mobileのSIMと一緒に申し込む事で、iPhoneを格安価格で購入する事が可能。
  • ターボ機能を上手に活用する事で、月間のデータ容量を消費せずに通信を行う事が可能。
  • おしゃべりプランに申し込む事で、5分以内の国内通話であれば何度でも無料通話が可能

ここで気になるターボ機能ですが、月に利用出来るデータ容量を消費せずに、たっぷりと通信を行う事が可能となる機能になります。
ですから、上手く使いこなす事で契約した料金プラン以上の通信量を、実際には利用する事が可能となります。

UQ mobileの月間のデータ容量
ご利用期間 プランS プランM プランL
1~25ヵ月目 2GB 6GB 14GB
26ヵ月目~ 1GB 3GB 7GB

ちなみに、この通信量を超えてしまうと月末までの通信速度は300Kbpsに制限されてしまいます。
この300Kbpsの通信速度ですが、SNSをチェックしたり音楽ストリーミングサービスを楽しむ程度の用途でしたら可能な通信速度になります。

SNSのチェック

ただし、高画質動画を視聴したり、ビデオ通話を楽しんだりするには不十分な通信速度となります。
ですから、速度制限後は動画視聴やビデオ通話が利用出来なくなると言う風に理解しておけば良いです。

そして、ターボ機能を利用する際にも、この通信速度の概念がポイントとなります。

ターボ機能をオンにする(高速モード)
使用するiPhoneのスペック上限での通信が可能になる代わりに、利用した通信量は月間のデータ容量を消費する
ターボ機能をオフにする(節約モード)
速度制限時と同等の300Kbpsの通信速度に制限される代わりに、利用した通信量は月間のデータ容量を消費しない

ですから、動画を視聴したりビデオ通話を利用したりする際にだけ、ターボ機能をオンにすると良いです。
そして、それ以外にはターボ機能をオフにしておき、通信量の節約をすると良いです。

ターボ機能を使い分ける

こう言った通信モードの使い分けが出来るのが、UQ mobileのSIMカードをiPhoneに差し込む最大のメリットと言えます。

UQ mobileならiPhoneが安い

ご紹介しているUQ mobileですが、取り扱っているiPhoneは以下の3種類となります。

  • iPhone 5s
  • iPhone SE(32GB)
  • iPhone SE(128GB)

そして、各iPhoneの端末価格は以下の通りになります。

iPhone 5s
43,300円
iPhone SE(32GB)
50,500円
iPhone SE(128GB)
60,100円

ただ、これだけの金額を最初に用意しないといけないとなると、UQ mobileへ申し込むハードルが高くなってしまいます。
そこで、UQ mobileには端末購入アシストマンスリー割と言う2つの制度が用意されています。

お金のやり繰りが大変

この2つの制度を利用する事によって、以下の料金で各iPhoneを購入する事が出来るようになります。

UQ mobileでiPhoneを購入する際の価格
iPhoneの機種 端末代 月額料金
iPhone 5s 100円 0円
iPhone SE(32GB) 100円 1,000円
iPhone SE(128GB) 100円 1,500円

ちなみに、月額料金の支払期間は2年間になります。
そして、この金額分が通常の月額料金に上乗せされる形で請求されます。

月額料金に端末代が上乗せされる

とは言え、たったこれだけの負担額で新品のiPhoneが手に入る訳です。
そう考えると、非常にありがたい仕組みと言えるでしょう。

↓UQ mobileの詳細情報はこちら↓
矢印UQ mobile

UQ mobileでiPhoneを購入する際のポイント

UQ mobileの端末購入アシストとマンスリー割

ご紹介しているように、UQ mobileでiPhoneを購入すれば大幅な割引額でiPhoneを手に入れる事が出来ます。
ただ、なぜこれほど安い金額でiPhoneを購入する事が出来るのか逆に怪しく思われた方もいるでしょう?

安過ぎて怪しい

その秘密は、端末購入アシストマンスリー割にあります。

端末購入アシストとは、スマートフォンの端末代の一部を24回の分割払いに出来る仕組みになります。
この制度があるお陰で、スマートフォンの購入代金の負担額を分割する事が出来ます。

端末購入アシスト

ですから、その分家計のやり繰りも楽になります
各iPhoneの場合ですと、最初に支払う端末代金はたった100円で済む形になっています。

一方、マンスリー割とはUQ mobileの契約期間を2年間縛りにする代わりに、月額料金の割引が適用される割引制度の事を指します。
とは言え、端末購入アシストを利用する方の場合、元々UQ mobileとの契約は2年間続けなければならなくなります

2年間契約

ですから、マンスリー割を利用するデメリットはなく、むしろ、マンスリー割を利用しないのは勿体ないです。
そして、マンスリー割が適用される事によって、月々に支払うiPhoneの端末代を大幅に減らす事が出来ます。

例えば、iPhone 5sの場合でしたら、端末購入アシスト加算料とマンスリー割が同額になります。
つまり、実質的な負担額はたったの100円だけで良くなります。

UQ mobileの端末購入アシスト加算料とマンスリー割
iPhoneの機種 端末購入アシスト加算料 マンスリー割
iPhone 5s 1,800円 1,800円
iPhone SE(32GB) 2,100円 1,100円
iPhone SE(128GB) 2,500円 1,000円

この端末購入アシスト加算料とマンスリー割の差額が、前述した表に記載した月額料金欄の金額になるのです。

UQ mobileでiPhoneを購入する際の価格
iPhoneの機種 端末代 月額料金
iPhone 5s 100円 0円
iPhone SE(32GB) 100円 1,000円
iPhone SE(128GB) 100円 1,500円
UQ mobileでのiPhoneの購入はお早めに

ご紹介して来た各iPhoneですが、UQ mobileのラインナップは毎月変動しています。
ですので、このiPhoneだと目星を付けていたとしても、突然ラインナップから外れてしまう可能性もあります。

狙っていたiPhoneが売ってない!?

そうならないように、お目当てのiPhoneがあるのでしたら、お早めの申し込み手続きをお勧めします。
くれぐれも、お目当てのiPhoneが購入出来るタイミングを逃してしまわないように注意しましょう。

↓UQ mobileのオンラインショップはこちら↓
矢印UQ mobile

 

タグ : 

SIMカード   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。